男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ギフト 僕がきみに残せるもの

  • ぎふとぼくがきみにのこせるもの
  • GLEASON
  • GLEASON
  • 平均評点

    76.3点(60人)

  • 観たひと

    79

  • 観たいひと

    56

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ヒューマン / その他
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/8/19
上映時間 111分
製作会社
配給 トランスフォーマー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2016 Dear Rivers, LLC

場面

予告編


     

解説

難病ALSを宣告された元NFLのスター選手が、やがて生まれてくる息子に贈るために撮影したビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリー。家族のために生きたいと願う夫とその妻、彼を支援する周囲の人たちがユーモアを交え日々を乗り越えていく姿を映し出す。出演は、元NFLニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソン、妻ミシェル・ヴァリスコ、アメリカのロックバンド『パール・ジャム』のエディー・ヴェダー、元NFLのスコット・フジタ。監督は『プリント・ザ・レジェンド』のクレイ・トゥイール。

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは特別なスターだった。2006年、ハリケーン“カトリーナ”に襲われ壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、災害後最初のホームゲームにおいて奇跡のようなスーパープレイでチームを劇的な勝利に導いたのである。それから5年。すでに選手生活を終えていたグリーソンは、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そしてそのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために自分は何を残せるのか……。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るため、ビデオダイアリーを撮りはじめる……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ギフト 僕がきみに残せるもの」

2017年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ギフト 僕がきみに残せるもの」