男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

  • だんさーせるげいぽるーにんせかいいちゆうがなやじゅう
  • DANCER
  • DANCER
  • 平均評点

    78.9点(111人)

  • 観たひと

    166

  • 観たいひと

    62

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記 / アート
製作国 イギリス=アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/7/15
上映時間 85分
製作会社
配給 アップリンク=パルコ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督スティーヴン・カンター 
『Take Me To Church』演出デヴィッド・ラシャペル 
『Take Me To Church』撮影デヴィッド・ラシャペル 

キャスト

(C) British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

場面

予告編


     

解説

史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなりながら人気絶頂期に電撃退団した異端のダンサー、セルゲイ・ポルーニンの素顔に迫るドキュメンタリー。本人や関係者のインタビューを織り交ぜ、稀有の才能と大きな苦悩を抱えた彼の心を浮き彫りにする。歌手ジェームス・ブラントや写真家サリー・マンなどのドキュメンタリー映画を手がけてきたスティーヴン・カンター監督が、型にはまらない天才ダンサーの姿を追っていく。

あらすじ

ウクライナで生まれ、19歳にして史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニン。しかし彼は2年後、人気絶頂にも関わらず突如退団を決め、そのニュースは国内外を駆け巡った。様々な憶測が飛び交う中、彼はミュージシャン、ホージアのグラミー賞年間最優秀楽曲賞ノミネート曲『Take Me To Church』のミュージックビデオで姿を見せた。写真家デヴィッド・ラシャペルの監督のもと踊るポルーニンは見るものを惹きつけ、動画サイトyoutubeで1700万回以上再生され、彼を知らなかった人々をも熱狂させた。本人や家族、関係者のインタビューを織り交ぜ、ヌレエフの再来と謳われる才能と大きな苦悩を抱えた彼の心を浮き彫りにする。

関連するキネマ旬報の記事

2017年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」