男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

カフェ・ソサエティ

  • かふぇそさえてぃ
  • CAFÉ SOCIETY
  • CAFE SOCIETY
  • 平均評点

    73.0点(555人)

  • 観たひと

    826

  • 観たいひと

    140

  • レビューの数

    98

基本情報

ジャンル ラブロマンス / コメディ / 歴史劇 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/5/5
上映時間 96分
製作会社
配給 ロングライド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

解説

1930年代のハリウッドを舞台に、ウディ・アレンが紡ぎ出すロマンティック・コメディー。映画業界で働くことを夢見る平凡な青年ボビー。業界の敏腕エージェントである叔父のもとで働き始めた彼は、叔父の秘書を務めるヴォニーの美しさに心を奪われてしまい……。出演は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のジェシー・アイゼンバーグ、「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「ロスト・バケーション」のブレイク・ライブリー、「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレル、「教授のおかしな妄想殺人」のパーカー・ポージー。撮影監督は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

あらすじ

1930年代。もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい……。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ハリウッドを訪れる。華やかな映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。そんななか、業界の敏腕エージェントである叔父フィル(スティーヴ・カレル)のもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに彼は気付いていなかった。やがて、ボビーはもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)と出会うのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「カフェ・ソサエティ」

2017年5月上旬号

ウディと「カフェ・ソサエティ」:インタビュー ウディ・アレン 30年代のハリウッド黄金期は夢か悪夢か?

ウディと「カフェ・ソサエティ」:評伝『ウディ』と「カフェ・ソサエティ」に見えるウディ・アレンの人生 ウディは思い出を手にいれたの?

UPCOMING 新作紹介:「カフェ・ソサエティ」