男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

  • ろだんかみーゆとえいえんのあとりえ
  • RODIN
  • RODIN
  • 平均評点

    63.6点(29人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 伝記 / アート / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2017
公開年月日 2017/11/11
上映時間 120分
製作会社
配給 松竹=コムストック・グループ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) Les Films du Lendemain / Shanna Besson

場面

予告編


     

解説

『考える人』などで知られる彫刻家オーギュスト・ロダンの没後100年を記念して制作された伝記ドラマ。1880年、『地獄の門』の構想を練っていたロダンは、弟子カミーユとの関係を深めていく。しかしロダンには、決して別れることのない内縁の妻がいた。監督は、「ポネット」のジャック・ドワイヨン。出演は、「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のヴァンサン・ランドン、「サンバ」のイジア・イジュラン。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション作品。

あらすじ

1880年、彫刻家オーギュスト・ロダン(ヴァンサン・ランドン)は長い下積み時代を経て、初めて国から大きな仕事を発注され、意気揚々と制作に臨んでいた。国から支給されたアトリエでダンテの『神曲』を題材とした『地獄の門』の構想を練るが、1年かけてデッサンを起こし造形を探るも、思うようにまとまらなかった。この時期、ロダンは美しく優秀な弟子カミーユ・クローデル(イジア・イジュラン)との関係を深めていく。1891年、フランス文芸協会会長であるエミール・ゾラの口利きで文豪バルザックの記念像を制作することになったロダンは、現在知られているあの最終的な形に至るまで結局7年もの歳月を費やすことになる。『地獄の門』の制作同様、ロダンとカミーユの蜜月も永遠に続くかに見えたが、ロダンには内縁の妻ローズがいた。ロダンはカミーユとは別の形で豊満なブロンズ像のようなローズを愛し、決して別れようとはしなかった。カミーユはその不安から芸術家としての成功を追求するも、ほとばしる才気はロダンさえ呻らせるが、世間には認められなかった。カミーユはローズへの嫉妬や中絶を経験させられた哀しみ、ロダンの成功への妬み、認めてくれない社会への怒りを爆発させ、ロダンを激しくなじる。するとロダンは、「芸術家としての君は脅威だ。私など必要ない」と言い放つ。これはカミーユにとって師からの卒業であり、愛の終わりを示していた……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」

2017年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」