男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エル ELLE(2016)

  • える
  • ELLE
  • ----
  • 平均評点

    74.7点(308人)

  • 観たひと

    422

  • 観たいひと

    128

  • レビューの数

    53

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー / ドラマ
製作国 フランス=ドイツ=ベルギー
製作年 2016
公開年月日 2017/8/25
上映時間 131分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

場面

予告編


     

解説

ポール・バーホーベンがイザベル・ユペールを主演に迎えたサスペンス。ゲーム会社の社長ミシェルは、独り暮らしの自宅で覆面の男の襲撃を受ける。以後も不審な出来事が続き、過去の体験から警察との関わりを避ける彼女は、自ら犯人探しに乗り出すが……。原作は、「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」のフィリップ・ディジャンの小説。

あらすじ

新鋭ゲーム会社の社長ミシェルは、1人暮らしの瀟洒な自宅にいたところ、覆面の男の襲撃を受ける。その後も、差出人不明の嫌がらせメールが届き、留守中に何者かが侵入した形跡が見つかるなど、不審な出来事が続く。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲に疑惑の目を向けるミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察との関わりを避ける彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明らかになっていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年9月上旬号

「エル ELLE」:インタビュー イザベル・ユペール

「エル ELLE」:対談 ポール・ヴァーホーヴェン[監督]×高橋洋[脚本家・映画監督]

「エル ELLE」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「エル ELLE」

REVIEW 日本映画&外国映画:「エル ELLE」