男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ムーンライト

  • むーんらいと
  • MOONLIGHT
  • MOONLIGHT
  • 平均評点

    75.9点(833人)

  • 観たひと

    1137

  • 観たいひと

    215

  • レビューの数

    127

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/3/31
上映時間 111分
製作会社
配給 ファントム・フィルム 提供:ファントム・フィルム/カルチャアパブリッシャーズ/朝日新聞社
レイティング R-15
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2016 A24 Distribution, LLC

場面

予告編


     

解説

第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞など3部門を受賞したドラマ。学校で苛められる日々を送っていた内気な少年シャロンは、麻薬ディーラーのフアン、男友達のケヴィンと絆を結ぶ。やがて、高校に進学したシャロンは、ケヴィンに惹かれて行くが……。監督は、これが長編2作目となるバリー・ジェンキンス。出演は「素晴らしきかな、人生」のナオミ・ハリス、本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ(「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」)。

あらすじ

シャロン(アレックス・ヒバート)は、学校で“リトル”というあだ名で苛められている内気な少年。ある日、いつものようにいじめっ子たちに追われていたところを、麻薬ディーラーのフアン(マハーシャラ・アリ)に助けられる。何も話さないシャロンを、恋人のテレサ(ジャネール・モネイ)の元に連れ帰るフアン。その後も何かとシャロンを気にかけるようになり、やがてシャロンも心を開いていく。ある日、海で“自分の道は自分で決めろよ。周りに決めさせるな”と生き方を教えてくれたフアンを、父親のように感じ始める。家に帰っても行き場のないシャロンにとって、フアンと男友達のケヴィンだけが心を許せる唯一の“友達”だった。やがて高校に進学したシャロン(ジャハール・ジェローム)だったが、相変わらず学校で苛められていた。母親のポーラ(ナオミ・ハリス)は麻薬に溺れ、酩酊状態の日が続く。自宅に居場所を失くしたシャロンは、フアンとテレサの家へ向かう。“うちのルールは愛と自信を持つこと”と、変わらずにシャロンを迎えるテレサ。ある日、同級生に罵られ、大きなショックを受けたシャロンが夜の浜辺に向かったところ、ケヴィンが現れる。シャロンは、密かにケヴィンに惹かれていた。月明かりが輝く夜、2人は初めてお互いの心に触れることに……。しかし翌日、学校である事件が起きてしまう。その事件をきっかけに、シャロン(トレヴァンテ・ローズ)は大きく変わっていた。高校の時と違って体を鍛え上げた彼は、弱い自分から脱却して心身に鎧を纏っていた。ある夜、突然ケヴィン(アンドレ・ホーランド)から連絡が入る。料理人としてダイナーで働いていたケヴィンは、シャロンに似た客がかけたある曲を耳にしてシャロンを思い出し、連絡してきたという。あの頃のすべてを忘れようとしていたシャロンは、突然の電話に動揺を隠せない。翌日、シャロンは複雑な想いを胸に、ケヴィンと再会するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年4月下旬号

第89回アカデミー賞受賞!「ムーンライト」:高い美意識で取られた、新しい色彩感覚の黒人映画 インタビュー 菊地成孔[ジャズ・ミュージシャン]

REVIEW 日本映画&外国映画:「ムーンライト」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.12「無限の住人」

新作映画紹介 見ることでちょっと先に進める映画:03 他者を理解するということ 「ムーンライト」

2017年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ムーンライト」