男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サーミの血

  • さーみのち
  • SAMEBLOD
  • SAMI BLOOD
  • 平均評点

    78.2点(120人)

  • 観たひと

    174

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル 青春 / ヒューマン / ドラマ
製作国 スウェーデン=ノルウェー=デンマーク
製作年 2016
公開年月日 2017/9/16
上映時間 108分
製作会社
配給 アップリンク
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2016 NORDISK FILM PRODUCTION

場面

予告編


     

解説

差別に抗う少女の成長を追い、第29回東京国際映画祭で審査委員特別賞と最優秀女優賞に輝いた人間ドラマ。1930年代、スウェーデン北部に住む先住民族サーミ人は劣等民族とみなされていた。エレは運命を変えるため、都会的な少年ニクラスを頼り街に出る。サーミ人の血を引くアマンダ・シェーネル監督は、自身のルーツを通し、当時のスウェーデンが抱えていた問題を取り上げた本作で長編デビュー。「ニンフォマニアック」などを手がけたデンマークの作曲家クリスチャン・エイドネス・アナスンが音楽を担当している。

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部ラップランドに暮らす先住民族サーミ人は、劣等民族として差別され、同化政策の対象となっていた。サーミ語の使用が禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績優秀だったが、進学を望む彼女に教師はサーミ人の脳は文明に適応できないといわれのない言葉をぶつける。ある日、スウェーデン人のふりをして夏祭りに忍び込んだエレは、そこで出会った都会的な少年ニクラスに恋をした。トナカイを飼うテント暮らしの生活から抜け出したいとかねてから思っていたエレは、ニクラスを頼り、街に出ることにする。

関連するキネマ旬報の記事

2017年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「サーミの血」

REVIEW 日本映画&外国映画:「サーミの血」