男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エリザのために

  • えりざのために
  • BACALAUREAT
  • GRADUATION
  • 平均評点

    70.0点(145人)

  • 観たひと

    201

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 ルーマニア=フランス=ベルギー
製作年 2016
公開年月日 2017/1/28
上映時間 128分
製作会社
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve – France 3 Cinéma 2016

予告編


     

解説

「汚れなき祈り」のクリスティアン・ムンジウ監督による第69回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作。登校途中に暴漢に襲われ、留学を決める最終試験に影響を及ぼすほど動揺するエリザ。父ロメオは娘のためにツテを頼り、試験に温情を与えてもらおうと奔走するが……。出演は、ルーマニア出身の女優マリア・ドラグシ、「私の、息子」のヴラド・イヴァノフ。

あらすじ

ルーマニアの小さな町に暮らす医師ロメオ(アドリアン・ティティエニ)には、愛人がおり、家庭は決してうまくいっているとはいえない。ある朝、イギリス留学を控える娘エリザ(マリア・ドラグシ)が、登校途中に暴漢に襲われてしまう。大事には至らなかったが、彼女の動揺は大きく、留学を決める最終試験に影響を及ぼしそうだ。ロメオは娘の留学をかなえるため、警察署長や副市長、試験監督とツテを頼り、ある条件と交換に試験に温情を与えてもらおうと奔走する。だが当の娘には反発され、ロメオには検事官の捜査が迫ってくるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年2月上旬号

インタビュー 「エリザのために」:クリスティアン・ムンジウ[監督] 偏執狂的(パラノイアック)に切り取られた世界

UPCOMING 新作紹介:「エリザのために」

REVIEW 日本映画&外国映画:「エリザのために」