男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブラックパンサー

  • ぶらっくぱんさー
  • BLACK PANTHER
  • BLACK PANTHER
  • 平均評点

    75.7点(1362人)

  • 観たひと

    1854

  • 観たいひと

    104

  • レビューの数

    168

基本情報

ジャンル SF / アクション / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018/3/1
上映時間 135分
製作会社
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 7chステレオ
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演チャドウィック・ボーズマン T'Challa / Black Panther
マイケル・B・ジョーダン Erik Killmonger
ルピタ・ニョンゴ Nakia
ダナイ・グリラ Okoye
マーティン・フリーマン Everett K. Ross
ダニエル・カルーヤ W'Kabi
レティーシャ・ライト Shuri
ウィンストン・デューク M'Baku
アンジェラ・バセット Ramonda
フォレスト・ウィテカー Zuri
アンディ・サーキス Ulysses Klaue
出演(声)田村真 ブラックパンサー/ティ・チャラ
津田健次郎 エリック・キルモンガー
皆川純子 ナキア
斎賀みつき オコエ
森川智之 エヴェレット・ロス
中井和哉 ウカビ
百田夏菜子 シュリ
木村昴 エムバク
玄田哲章 ズリ
広田みのる ユリシーズ・クロウ

(C)Marvel Studios 2018 All rights reserved

予告編


     

解説

「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」に登場したヒーロー、ブラックパンサーを主人公とするアクション映画。世界を破壊するパワーを秘めた鉱石・ヴィブラニウムの産出国ワカンダ。若き王に即位したティ・チャラは、ヴィブラニウムを狙う悪に立ち向かう。出演は、「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」のチャドウィック・ボーズマン、「それでも夜は明ける」のルピタ・ニョンゴ、「クリード チャンプを継ぐ男」のマイケル・B・ジョーダン、新鋭レティーシャ・ライト、ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シリーズのマーティン・フリーマン、ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズのダナイ・グリラ、「スター・ウォーズ」シリーズのアンディ・サーキス、「メッセージ」のフォレスト・ウィテカー。監督は、「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラー。

あらすじ

アフリカの秘境にある超文明国家ワカンダは、すべてを破壊してしまうほどのパワーを秘めた希少鉱石・ヴィブラニウムの産出地だった。歴代のワカンダの王はこの鉱石が悪の手に渡らないよう国の秘密を守り、一方でヴィブラニウムを研究し、最先端のテクノロジーを生み出しながら、世界中にスパイを放つことで社会情勢を探り、ワカンダを世界から守っていた。国王であった父ティ・チャカを亡くした若きティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は即位の儀式に臨み、すべての挑戦者を降伏させる。儀式を終えた彼は国王にして国の守護者・ブラックパンサーに即位するが、まだ王となる心構えを持てず、昔の婚約者ナキア(ルピタ・ニョンゴ)への思いも断ち切れず、代々受け継がれた掟と父の意志の間で葛藤する。そのころ、ワカンダを狙う謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)は武器商人のユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)と手を組み、行動を始める。二人は大英博物館からヴィブラニウム製の武器を盗み、取引の目的にワカンダへの潜入を企てる。ティ・チャラはワカンダのスパイからこの情報を聞くと、天才科学者の妹シュリ(レティーシャ・ライト)が改良したスーツをまとい、親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエ(ダナイ・グリラ)とナキアを連れ韓国・釜山の取引現場に乗り込む。そこには、クロウの取引相手を装ったCIA捜査官エヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)がいた。おとり捜査がばれ、クロウたちは逃亡するが、ブラックパンサーとクロウ一派のデッドヒートの末、ロスがクロウを拘束する。しかし、クロウを奪還しようとするキルモンガーの奇襲を受け、ナキアをかばったロスが重傷を負う。ティ・チャラはロスを救うため、掟を破って彼をワカンダに連れて戻る。一方、ワカンダに潜入し、国王の座を狙うキルモンガーは、ヴィブラニウムのパワーを手に入れ、世界征服を目論む。ティ・チャラはワカンダと世界を守ることができるのか?

関連するキネマ旬報の記事

2018年3月下旬映画業界決算特別号

「ブラックパンサー」:解説

「ブラックパンサー」:作品評

2018年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブラックパンサー」