男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

  • あいひまんをおえなちすがもっともおそれたおとこ
  • DER STAAT GEGEN FRITZ BAUER
  • THE PEOPLE VS. FRITZ BAUER
  • 平均評点

    72.6点(175人)

  • 観たひと

    225

  • 観たいひと

    46

  • レビューの数

    46

基本情報

ジャンル 社会派 / 伝記 / ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2015
公開年月日 2017/1/7
上映時間 105分
製作会社 ゼロ・ワン・フィルム(共同製作 テルツ・フィルムプロダクシオン=西ドイツ放送=ヘッセン放送=アルテ)
配給 クロックワークス=アルバトロス・フィルム
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2015 zero one film / TERZ Film

予告編


     

解説

ナチスの最重要戦犯アドルフ・アイヒマン捕獲作戦の影の功労者フリッツ・バウアーにスポットを当てた実録ドラマ。1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーのもとに、逃亡中のナチス親衛隊中佐アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。出演は、「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のブルクハルト・クラウスナー、「あの日のように抱きしめて」のロナルト・ツェアフェルト。監督・脚本は、「コマーシャル★マン」のラース・クラウメ。

あらすじ

1950年代後半、ドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)は、ナチス戦犯の告発に執念を燃やしていた。そんな彼のもとに、逃亡中のナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという重大な情報を記した手紙が届く。バウアーはアイヒマンの罪をドイツの法廷で裁くため、国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、その極秘情報をモサド(イスラエル諜報特務庁)に提供する。しかしドイツ国内に巣食うナチス残党による妨害や圧力にさらされ、孤立無援の苦闘を強いられていく。

関連するキネマ旬報の記事

2017年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」

REVIEW 日本映画&外国映画:「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」