男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ありがとう、トニ・エルドマン

  • ありがとうとにえるどまん
  • TONI ERDMANN
  • TONI ERDMANN
  • 平均評点

    74.7点(235人)

  • 観たひと

    303

  • 観たいひと

    77

  • レビューの数

    48

基本情報

ジャンル コメディ / ファミリー / ドラマ
製作国 ドイツ オーストリア
製作年 2016
公開年月日 2017/6/24
上映時間 162分
製作会社
配給 ビターズ・エンド 提供:ビターズ・エンド、ハピネット
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)Komplizen Film

予告編


     

解説

第69回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を始め、各国で数々の賞に輝いたヒューマンドラマ。悪ふざけが大好きな父が、娘を心配しブカレストを訪れる。数日間一緒に過ごし父はドイツに帰るが、娘のもとに<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れ……。監督・脚本は「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アデ。出演は「三人姉妹(1988)」のペーター・シモニシェック、『裸の診察室』のザンドラ・ヒュラー、「ボーグマン」のハーデウィック・ミニス、「エンジェル(2007)」のルーシー・ラッセル、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ。

あらすじ

悪ふざけが大好きな父ヴィンフリート(ペーター・シモニシェック)と、コンサルタント会社で働く娘イネス(ザンドラ・ヒュラー)は性格も正反対。そんな二人の関係はあまり上手くいっていない。たまに会ってもイネスは仕事の電話ばかりで、二人はろくに話すこともできなかった。ある日、娘を心配したヴィンフリートは愛犬の死をきっかけに、彼女が働くルーマニア・ブカレストへ向かう。父の突然の訪問に驚くイネスだったが、ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行く。だがホッとしたのも束の間、彼女のもとに<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。職場、レストラン、パーティー会場……。神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラも募っていくが、二人が衝突すればするほどお互いの仲は縮まっていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年7月上旬号

異形の愛、普遍の愛。 「ありがとう、トニ・エルドマン」:ドイツから世界に響いた、家族の愛の物語

異形の愛、普遍の愛。 「ありがとう、トニ・エルドマン」:キャリア・ウーマンの娘の幸せを願う父

REVIEW 日本映画&外国映画:「ありがとう、トニ・エルドマン」

UPCOMING 新作紹介:「ありがとう、トニ・エルドマン」