男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

マンボ・キングス わが心のマリア

  • まんぼきんぐすわがこころのまりあ
  • The Mambo Kings
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.4点(12人)

  • 観たひと

    34

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992/12/18
上映時間 0分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画=ル・スタジオ・カナール=リージェンシー・エンタープライズ=アルカー・フィルムズ=アーノン・ミルチャン・プロ作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演アーマンド・アサンテ Cesar_Castillo
アントニオ・バンデラス Nestor_Castillo
キャシー・モリアーティ Lanna_Lake
マルーシュカ・デートメルス Delores_Fuentes
デシ・アルナズ Desi_Arnaz_Sr.
Celia Cruz Evalina_Montoya
Tito Puente Tito_Puente

解説

1950年代、マンボが大流行した音楽界を舞台に、ラテン・ミュージシャンの兄弟の姿を描く。90年度のピュリッツアー賞を受賞したオスカー・イフェロスの小説『マンボ・キングス、愛のうたを歌う』をもとに、これがデビュー作となる「愛は霧のかなたに」を製作したアーネ・グリムシャーが監督。製作はグリムシャーと「JFK」のアーノン・ミルチャン、エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・ルーサー、脚本は「イン・カントリー」のシンシア・サイダー、撮影は「恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」のミハエル・バルハウス、音楽は「リトル・マーメイド」のロバート・クラフトが担当。

あらすじ

1953年、キューバからニューヨークへ、セサール(アーマンド・アサンテ)とネスター(アントニオ・バンデラス)のカスティーヨ兄弟がやってくる。肉屋で働く仲間とラテン・バンド_マンボ・キングス_を結成し、小さなクラブで演奏活動を始め、次第にメジャーなクラブでも成功を収めるようになる。しかしNYのナイトクラブ界を牛耳る男からの誘いを断ったために、仕事を干され、小さなパーティや結婚式などでの地道な活動を強いられることになる。場末の_クラブ・ババルー_に出演中、ラテン界の大スター、デジ・アーナス(デシ・アルナズ)に認められ、彼の人気テレビ番組『ルーシー・ショー』に出演。その後スター街道を歩み始める。夢がかない、セサールは派手な生活を楽しみ、ネスターはドロレス(マルーシュカ・デートメルス)と結婚した。しかしネスターは、次第に自分たちの在り方に疑問を持ち始め、セサールと対立し始める。ネスターは自分の店を持とうとするが、雪の日に、セサールと、彼の恋人ラナ(キャシー・モリアーティ)を乗せて車を運転している時に、スリップ事故を起こして死んでしまう。弟の遺志を継いで店をオープンさせたセサールは、店のステージで、弟が作曲した『わが心のマリア』を熱唱するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年1月下旬号

外国映画紹介:マンボ・キングス わが心のマリア

1992年12月上旬号

KINEJUN CRITIQUE:マンボ・キングス

1992年9月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):マンボ・キングス