男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エンドレス・ポエトリー

  • えんどれすぽえとりー
  • POESÍA SIN FIN
  • ENDLESS POETRY
  • 平均評点

    74.1点(15人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 伝記 / ファンタジー / ドラマ
製作国 フランス=チリ=日本
製作年 2016
公開年月日 2017/11/18
上映時間 128分
製作会社
配給 アップリンク
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) Pascale Montandon-Jodorowsky

場面

予告編


     

解説

アレハンドロ・ホドロフスキーの自伝的作品「リアリティのダンス」の続編。ホドロフスキー一家は、故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住。青年に成長したアレハンドロは、若きアーティストたちとの出会いを経て、自分の道を見つけ出してゆく……。若き日のホドロフスキーを演じるのは、「リアリティのダンス」にも出演した末の息子アダン・ホドロフスキー。その父親を長男ブロンティス・ホドロフスキー(「リアリティのダンス」)が演じる。

あらすじ

故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。青年に成長したアレハンドロ(アダン・ホドロフスキー)は、自分の自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、今の環境から抜け出して、自分の道を表現したいともがいていた。そんなある日、アレハンドロは従兄のリカルドに連れられ、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られないダンサーや彫刻家、画家、詩人といった若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接する中で、それまで自分が囚われていた檻からやがて解放されるアレハンドロ。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、ステジャ・ディアスとの初恋を経験し、アレハンドロの運命は、未知の世界へと開かれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「エンドレス・ポエトリー」

2017年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「エンドレス・ポエトリー」

2016年11月下旬号

現代のカルト映画 「エヴォリューション」「五日物語ー3つの王国と3人の女」そしてボドロフスキー「エンドレス・ポエトリー」:「エンドレス・ポエトリー」 インタビュー アレハンドロ・ボドロフスキー「監督」 87歳の”キング・オブ・カルト”、新作を語る

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「ジュリエッタ」 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 「ヒッチコック/トリュフォー」 「めぐりあう日」 「エンドレス・ポエトリー」 「La La Land」 「JOY」 「バンコクナイツ」 「聖の青春」 「PK」 「Knight of Cups」 「映画 聲の形」 「この世界の片隅に」 「ジャングル・ブック」 「ジェーン」