男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

PK

  • ぴーけい
  • ----
  • P.K.
  • 平均評点

    80.3点(437人)

  • 観たひと

    594

  • 観たいひと

    146

  • レビューの数

    80

基本情報

ジャンル SF / コメディ
製作国 インド
製作年 2014
公開年月日 2016/10/29
上映時間 153分
製作会社
配給 REGENTS(提供:日活、ハピネット)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

予告編


     

解説

「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラニ監督と主演のアーミル・カーンが再タッグを組んだ笑いと涙のドラマ。インドのTV局で働くジャグーは、自身の願いを聞き入れてくれる神を探す“PK”と名乗るユニークな男と出会い、番組に出演させるのだが……。共演は「命ある限り」のアヌシュカ・シャルマ、『アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター』のサンジャイ・ダット。

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、現在は母国インドのテレビ報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日、地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。そのチラシには神様の絵に“行方不明”の文字。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」“PK”と呼ばれるその男に興味を持ったジャグーは彼を取材し始めるが、世間の常識を全く知らないその男が語る話はにわかには信じられないものだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「PK」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

2016年その他の夏・秋映画、そして冬:「生きうつしのプリマ」「地球に落ちて来た男」「ミモザの島に消えた母」「花芯」「ストリート・オーケストラ」「神様の思し召し」「ティエリー・トグルドーの憂鬱」「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」「トレジャー オトナタチの贈り物」「神聖なる一族24人の娘たち」「白い帽子の女」「お父さんと伊藤さん」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「バースデーカード」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「ブルーに生まれついて」「古都」「PK」「フローレンス・フォスター・ジェンキンス」(原題)「ナイト・オブ・カップス」(原題)

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「ジュリエッタ」 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 「ヒッチコック/トリュフォー」 「めぐりあう日」 「エンドレス・ポエトリー」 「La La Land」 「JOY」 「バンコクナイツ」 「聖の青春」 「PK」 「Knight of Cups」 「映画 聲の形」 「この世界の片隅に」 「ジャングル・ブック」 「ジェーン」