男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

淵に立つ

  • ふちにたつ
  • ----
  • HARMONIUM
  • 平均評点

    78.9点(284人)

  • 観たひと

    387

  • 観たいひと

    148

  • レビューの数

    57

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本=フランス
製作年 2016
公開年月日 2016/10/8
上映時間 119分
製作会社 (制作プロダクション:マウンテンゲートプロダクション)
配給 エレファントハウス=カルチャヴィル
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督深田晃司 
脚本深田晃司 
エグゼクティブプロデューサー福嶋更一郎 
大山義人 
プロデューサー新村裕 
澤田正道 
制作プロデューサー戸山剛 
撮影根岸憲一 
美術鈴木健介 
音楽小野川浩幸 
主題歌HARUHI:(「Lullaby」(Sony Music Labels Inc.))
録音吉方淳二 
サウンドデザイナーオリヴィエ・ゴワナール 
照明高村智 
編集深田晃司 
編集コンサルタントジュリアン・グレゴリー 
スタイリスト村島恵子 
ヘアメイク菅原美和子 
ラインプロデューサー南陽 
制作担当三村薫 
効果吉方淳二 

キャスト

出演浅野忠信 八坂草太郎
古舘寛治 鈴岡利雄
筒井真理子 鈴岡章江
太賀 山上孝司
三浦貴大 設楽篤
篠川桃音 鈴岡蛍
真広佳奈 鈴岡蛍〈8年後〉

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

場面

予告編


     

解説

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した、深田晃司監督の人間ドラマ。下町で金属加工業を営む夫婦のもとに風変わりな一人の男が現れ、共同生活が始まるが、やがて平凡で幸せな家庭を築いてきたかに思われた夫婦の秘密が徐々に暴かれてゆく。出演は「岸辺の旅」の浅野忠信、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の古舘寛治、「かぐらめ」の筒井真理子、「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」の太賀、「ローリング」の三浦貴大、「ニシノユキヒコの恋と冒険」の篠川桃音。

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。夫婦の間に業務連絡以外の会話はほとんどないものの、平穏な毎日を送るごく平凡な家族だ。そんな彼らの前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供。章江は突然の出来事に戸惑うが、敬虔なクリスチャンである章江の教会活動に参加し、蛍のオルガン練習にも喜んで付き合う礼儀正しい八坂に好意を抱くようになる。一方、八坂に負い目がある利雄は、家族の一員のように振る舞い、妻と親密な様子の八坂を見て見ぬ振りをするのだった。しかしある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残し、姿を消す……。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめないでいた。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:日本映画ベスト・テン

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:読者選出日本映画ベスト・テン

2016年12月下旬号

読者の映画評:「永い言い訳」村田真太郎/「永い言い訳」長岡俊平/「淵に立つ」喜多みち子

2016年12月上旬号

読者の映画評:「母よ、」毛利孝子/「ハドソン川の奇跡」井口祐介/「淵に立つ」鈴木功一

2016年11月下旬号

映画を見ればわかること:第349回 深田晃司監督「淵に立つ」のこと、吉屋信子原作「安宅家の人々」のこと

2016年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:淵に立つ

2016年10月下旬号

明日の日本映画監督地図:●論考 深田晃司「監督」「淵に立つ」

UPCOMING 新作紹介:「淵に立つ」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:「私たち、映画好き!―気になる5本+α」カンヌも認めた日本の若き才能「淵に立つ」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「シン・ゴジラ」 「怒り」 「ハドソン川の奇跡」 「オーバー・フェンス」 「永い言い訳」 「ダゲレオタイプの女」 「淵に立つ」 「湯を沸かすほどの熱い愛」 「SCOOP!」 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 「スーサイド・スクワッド」 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「Silence」 「ぼくのおじさん」 「イレブン・ミニッツ」 「ゴーストバスターズ」 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「ジェイソン・ボーン」 「溺れるナイフ」 「シング・ストリート 未来へのうた」