男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

エヴォリューション

  • えぼりゅーしょん
  • ÉVOLUTION
  • EVOLUTION
  • 平均評点

    62.7点(150人)

  • 観たひと

    244

  • 観たいひと

    65

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ファンタジー / ドラマ
製作国 フランス ベルギー スペイン
製作年 2015
公開年月日 2016/11/26
上映時間 81分
製作会社
配給 アップリンク
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)LES FILMS DU WORSO・ NOODLES PRODUCTION・VOLCANO FILMS・EVO FILMS A.I.E. ・SCOPE PICTURES・LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

解説

「エコール」のルシール・アザリロヴィック監督によるダークファンタジー。少年と女性しかいない離島で、母親と暮らす10歳のニコラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為を受ける。なにかおかしいと気付いたニコラは、夜半に出かける母親の後をつける。出演は、マックス・ブラバン、「白いリボン」のロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ。2015年サン・セバスチャン国際映画祭審査員特別賞・最優秀撮影賞、ストックホルム国際映画祭最優秀撮影賞受賞。

あらすじ

10 歳のニコラ(マックス・ブラバン)は、少年と女性しかいない人里離れた島で母親と暮らしている。その島では、すべての少年が奇妙な医療行為を施される。ニコラは「なにかがおかしい」と異変に気付き始め、夜半に出かける母親の後をつける。母親は、ほかの女性たちと海辺で“ある行為”をしていた。それを目撃し、秘密を探ろうとしたニコラの悪夢が始まる……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「エヴォリューション」

2016年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「エヴォリューション」

2016年11月下旬号

現代のカルト映画 「エヴォリューション」「五日物語ー3つの王国と3人の女」そしてボドロフスキー「エンドレス・ポエトリー」:「エヴォリューション」インタビュー ルシール・アザリロヴィック「監督」 感覚する映画

現代のカルト映画 「エヴォリューション」「五日物語ー3つの王国と3人の女」そしてボドロフスキー「エンドレス・ポエトリー」:「エヴォリューション」 作品評 女は海辺で進化した

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:わたしのシネマ・ライフ1 映画評論家・久保玲子の試写室日記「ハイ・ライズ」「めぐりあう日」「エヴォリューション」(仮)「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」「ショコラ」(原題)