男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブルーに生まれついて

  • ぶるーにうまれついて
  • BORN TO BE BLUE
  • BORN TO BE BLUE
  • 平均評点

    73.6点(301人)

  • 観たひと

    425

  • 観たいひと

    88

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ=カナダ=イギリス
製作年 2015
公開年月日 2016/11/26
上映時間 97分
製作会社
配給 ポニーキャニオン
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編


     

解説

1950年代に興隆したウエストコースト・ジャズシーンで一時代を築いたトランペッター、チェット・ベイカーの転落と再生を綴る伝記ドラマ。一世を風靡したチェットは、やがて麻薬に溺れトラブルを頻発。どん底の彼を変えたのは、ある女性との出会いだった。短編「The Deaths of Chet Baker」(未)でチェットの死を追ったロバート・バドロー監督が、再び彼の人物像に迫る。主演は「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク。6ヶ月に及びトランペットを集中トレーニングし撮影に臨んだ。また、名曲『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』の歌も披露する。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映された(上映日:2015年10月24日、26日、28日)。

あらすじ

1950年代。黒人アーティストが主流のモダン・ジャズ界において異端児だったチェット・ベイカーは、甘いマスクとソフトな声で多くのファンを熱狂させていたが、麻薬に溺れ転落。どん底に落ちたチェットは、自身の人生を描いた映画の出演である女性と出会い、再生を目指していく。

関連するキネマ旬報の記事

2016年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ブルーに生まれついて」

映画とジャズ:PART1 ジャズ評論家、映画を語る。  「ブルーに生まれついて」

2016年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブルーに生まれついて」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

2016年その他の夏・秋映画、そして冬:「生きうつしのプリマ」「地球に落ちて来た男」「ミモザの島に消えた母」「花芯」「ストリート・オーケストラ」「神様の思し召し」「ティエリー・トグルドーの憂鬱」「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」「トレジャー オトナタチの贈り物」「神聖なる一族24人の娘たち」「白い帽子の女」「お父さんと伊藤さん」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「バースデーカード」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「ブルーに生まれついて」「古都」「PK」「フローレンス・フォスター・ジェンキンス」(原題)「ナイト・オブ・カップス」(原題)