男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ある天文学者の恋文

  • あるてんもんがくしゃのこいぶみ
  • LA CORRISPONDENZA
  • CORRESPONDENCE
  • 平均評点

    67.9点(381人)

  • 観たひと

    548

  • 観たいひと

    110

  • レビューの数

    62

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 イタリア
製作年 2016
公開年月日 2016/9/22
上映時間 122分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) COPYRIGHT 2015 - PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

解説

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリアスな愛の物語。恋人である天文学者エドの突然の訃報を受けたエイミー。だが、彼女の元に彼からの手紙や贈り物が届き続ける。その謎を解くため、エイミーは彼の縁の地を訪ねる。出演は、「リスボンに誘われて」のジェレミー・アイアンズ、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。音楽は、「ヘイトフル・エイト」のエンニオ・モリコーネ。

あらすじ

著名な天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)と彼の教え子エイミー(オルガ・キュリレンコ)は、周囲には知られず恋人関係にあった。しかし、ある日突然、エイミーの元にエドの訃報が届く。エイミーは現実を受け入れられず愕然とするが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。エイミーはエドの遺した謎を解き明かそうと、彼が暮らしていたスコットランド・エジンバラや、かつて二人で過ごしたイタリア・サンジュリオ島を訪ねる。そこで、彼女が誰にも言えずに封印してきた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ある天文学者の恋文」

2016年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ある天文学者の恋文」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:「ある天文学者の恋文」―あまりに純な、命懸けの“永遠の愛”