男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

FAKE(フェイク)

  • ふぇいく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    77.8点(438人)

  • 観たひと

    613

  • 観たいひと

    106

  • レビューの数

    74

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派 / その他
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/6/4
上映時間 109分
製作会社 「Fake]製作委員会 制作:ドキュメンタリー・ジャパン
配給 東風
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット HD

スタッフ

監督森達也 
プロデューサー橋本桂子 
撮影森達也 
山崎裕 
編集鈴尾啓太 

キャスト

出演佐村河内守 

(C)2016「Fake」製作委員会

解説

オウム真理教の内部に迫った「A」「A2」の森達也監督が、共作「311」を経て15年振りに撮ったドキュメンタリー。ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏の自宅で取材しその素顔を追いながら、社会に瀰漫する時代の病をあぶり出す。撮影は、「海よりもまだ深く」の山崎裕。

あらすじ

ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏の自宅で森達也がカメラを回し、その素顔に迫る。メディア関係者たちが取材の申し込みに訪れ、外国人ジャーナリストはことの真偽を取材に来る。市場原理によってメディアが社会の合わせ鏡となるなら、このゴーストライター騒動は、社会全体が安易な二極化を求めていることの兆候と見ることもできる。はたして本当のことは何なのか? 誰が誰を騙しているのか? 映画はこの社会にはびこる時代の病をあぶり出しながら、12分間の衝撃のラストへとなだれ込む。

関連するキネマ旬報の記事

2016年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「FAKE」

2016年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「FAKE」

ドキュメンタリーは現実を”突破”する!:■森達也、試練の連続トーク・バトル!「FAKE」vs田原総一朗「ジャーナリスト」 メディアは何を代弁するのか

ドキュメンタリーは現実を”突破”する!:■森達也、試練の連続トーク・バトル!「FAKE」vs水道橋博士「芸人」 ドキュメンタリーをプロレス的に楽しむ