男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛のイエントル

  • あいのいえんとる
  • Yentl
  • Yentl

amazon


  • 平均評点

    60.6点(27人)

  • 観たひと

    51

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984/4/28
上映時間 130分
製作会社 バーウッド・フィルム作品
配給 MGM/UA=CIC
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

学問が男だけのものだった今世紀初頭のポーランドを舞台に、男装して学校に入った女性をめぐるドラマ。ノーベル賞作家アイザック・バシェヴィス・シンガーが62年に書いた同名小説(晶文社)を、バーブラ・ストライサンドが15年かけて映画化にこぎつけたもので、彼女は製作・監督・脚本・主演・歌唱の5役を兼ねている。エグゼクティヴ・プロデューサーはラリー・ド・ワーイ、共同製作はラスティ・レモランデ。ストライサンドとともにジャック・ローゼンタールが脚本を執筆している。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽の作曲はミシェル・ルグラン、作詞はアランとマリリンのバーグマン夫妻、衣裳はジュディ・ムーアクロフトが担当。出演はストライサンドの他に、マンディ・パティンキン、エイミー・アーヴィング、ネーミア・パーソフなど。ロンドンのリー・インターナショナル撮影所とチェコのロッツィリー村とプラハで撮影された。日本版字幕は戸田奈津子。デラックスカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

あらすじ

1904年のポーランド、ヤネブの町。本屋の馬車を見掛けた一人の娘イエントル(バーブラ・ストライサンド)は、宗教関係の本を苦労して買い求め家へもどる。当時、学問は男だけのもので、女性は家事をやるものと決まっていたのだ。哲学者の父メンデル(ネーミア・パーソフ)は、窓にカーテンをかけて人に覗かれないようにして、イエントルにタルムードを教えてくれた。その父が死亡。髪を短く切ると、男の服を着てベシェブの町へ向かう。この町にイェシバ(ユダヤ教神学校)があるのだ。途中で、アヴィドール(マンディ・パティンキン)という学生と知りあい、彼の下宿についてゆく。彼女をアンシェルという名の男と信じているアヴィドールは、彼女の前で平気で裸になったりして、彼女をとまどわせたりした。彼女はヴィシュコバー師の口答試問を受けて、入学を許可された。アヴィドールは彼女を婚約者ハダス(エイミー・アーヴィング)の家へつれて行く。ハダスはイエントルとは正反対の男に従順な女性だった。以後、イエントルもアヴィドールの親友として、ハダスの家へ招かれることになった。しだいにアヴィドールに恋するようになるイエントル。やがて、アヴィドールの兄の死因が自殺とわかり、ハダスの父(A・コーデュナー)は婚約を破棄する。当時、自殺は許容しがたい罪悪だったのだ。イエントルはハダスの婿にと望まれ、アヴィドールも親友の君にならハダスを渡せるという。アヴィドールが町を去ると言い出し、ついにイエントルもハダスとの結婚を承諾する。結婚初夜、彼女はハダスに「妻には夫を拒む権利がある」とか言って、夫婦のまじわりをしようとしない。しだいにハダスもイエントルを愛するようになった。心苦しくなったイエントルは本を買いに行くと称して、アヴィドールとルブリンの町へ出かける。宿屋で彼女は自分の本当の姿を打ち明けた。初めは怒った彼も、イエントルを愛するようになる。だが、2人の考えはあまりにもかけ離れていた。イエントルはアヴィドールをハダスのもとへやり、自分は新天地アメリカ行きの船に乗り込む。

関連するキネマ旬報の記事

1984年6月下旬号

外国映画批評:愛のイエントル

外国映画批評:愛のイエントル

外国映画紹介:愛のイエントル

1984年4月上旬号

グラビア:愛のイエントル

特集 愛のイエントル バーブラ・ストライサンド監督作品:作品評

特集 愛のイエントル バーブラ・ストライサンド監督作品:作品評

1984年3月下旬号

試写室:愛のイエントル