男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

マホガニー物語

  • まほがにーものがたり
  • Mahogany
  • ----


  • 平均評点

    66.3点(4人)

  • 観たひと

    7

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1976/5/29
上映時間 0分
製作会社 モータウン・プロ作品
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

華やかなファッション界に生きる1 人の女性のドラマチックな人生を描く。製作はロブ・コーエンとジャック・バラード、監督は「ビリー・ホリデイ物語 奇妙な果実」の製作者ベリー・ゴーディ、脚本はジョン・バイラム、原作はトニ・アンバー、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はマイケル・マッサー、衣裳デザインはグイアナ・ロスが各々担当。出演はダイアナ・ロス、ビリー・ディー・ウィリアムス、アンソニー・パーキンス、ジャン=ピエール・オーモン、ニナ・フォック、マリサ・メルなど。

あらすじ

トレイシー・チェンバーズ(ダイアナ・ロス)は、いつの日かファッション界の花形デザイナーになることを夢み、昼間はシカゴのデパートで秘書として働き、夜はデザイン学校に通って勉強を重ねていた。ある日彼女は、地方議員に立候補した若き政治家ブライアン・ウォーカー(ビリー・D・ウィリアムス)に出逢い、心ひかれるものを感じた。一方、ブライアンも彼女の溌剌とした魅力に心を奪われる。だが、自分の仕事に大望を抱く2人は深く愛し合いながら感情的にくいちがうことがあり、ときたまのデイトも喧嘩別れになることが多かった。そんなとき、ファッション・カメラマンとして国際的に名を知られているショーン・マカボイ(アンソニー・パーキンス)が、トレイシーの前に現われ、彼女にモデルとしての可能性を見出し写真を撮りまくった。一方トレイシーは、自分のデザインを売りこみ歩いていることがデパートの上司にばれ、首になってしまう。まだデザイナーとして1本立ちになるキャリアをもたないトレイシーは、ブライアンの選挙事務所で働くようになったが、ローマへ行っていたショーンから国際電話が入り、ローマのファッション界の大御所タルロッタ・ガビーナ(マリサ・メル)が彼女をモデルとして使いたいといってきた。トレイシーはブライアンと喧嘩別れしてローマに飛んだ。ショーンはトレイシーに『マホガニー』というモデル名を与えて再び写真を撮りまくり、彼女はたちまち売れっ子モデルとなった。そのショーンはカメラマンとしては一流だったが、性的不能者だという噂がトレイシーの耳に入り、恩義を感じていた彼女は身をもってショーンとベッドを共にするが、失敗に終った。トレイシーは依然としてデザイナーになる夢を抱き続け、ショーンは彼女を独占するために彼女の野心を砕こうとする。そんなとき、彼女は富豪のクリスチャン・ロゼッティ(ジャン=ピエール・オーモン)と知り合った。その頃、激しい選挙戦に破れたブライアンはローマにやってきて、トレイシーをアメリカに連れ戻そうとする。『どんな成功でもわかち合う相手がいなければ無意味だ』。しかしトレイシーはその言葉をブライアンの弱音だと受けとり激しくののしった。ブライアンは1人ローマを去った。トレイシーが自分から逃げてゆくという妄想にとりつかれたショーンはスポーツカーで無理心中をはかり、即死。トレイシーは奇跡的に一命をとりとめた。彼女は富豪のクリスチャンに助けられ、その後、金にあかせぬ助力をうけるようになった。その代償はいうまでもなく彼女自身だった。念願のデザイナーとしての彼女のファッション・ショーはクリスチャンが劇場を借り切り一流のヨーロッパ社交界、ファッション界の人々の顔で埋めつくされ大成功だった。だが、トレイシーはがむしゃらに追い求めてきたものを手に入れてみて、はじめて孤独な自分に気づきのだった。ブライアンの別れ際の言葉が胸裡を横切り、熱い想いが胸をしめつけた。トレイシーは、ヨーロッパで築いた成功を捨て、すべてをわかち合うことのできるただ1人の男、ブライアンのもとに帰っていく決心をした。

関連するキネマ旬報の記事

1976年6月上旬号

グラビア:「マホガニー物語」

外国映画批評:マホガニー物語

1976年5月下旬号

外国映画紹介:マホガニー物語

1976年4月下旬号

グラビア:「マホガニー物語」

1976年3月下旬号

キネ旬試写室:マホガニー物語