男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジュリエッタ

  • じゅりえった
  • SILENCIO
  • JULIETA
  • 平均評点

    71.7点(150人)

  • 観たひと

    212

  • 観たいひと

    48

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル 文芸 / ヒューマン / ドラマ
製作国 スペイン
製作年 2016
公開年月日 2016/11/5
上映時間 99分
製作会社
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)El Deseo

予告編


     

解説

ノーベル賞作家アリス・マンローによる3編の短編小説を「私が、生きる肌」のペドロ・アルモドバルが映画化したヒューマンドラマ。ジュリエッタには、12年前、突然姿を消した娘がいた。娘を見かけたと知人に告げられた彼女は、封印していた過去と向き合う。出演は、スペインのベテラン女優エマ・スアレス、ドラマ『情熱のシーラ』のアドリアーナ・ウガルテ。2016年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

あらすじ

スペインのマドリード。ひとりで暮らしているジュリエッタ(エマ・スアレス)には、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けていない苦悩があった。ある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、めまいを覚えるほどのショックを受ける。ジュリエッタの一人娘アンティアは12年前、理由も言わず、突然姿を消してしまったのだ。それ以来、一度も娘に会っていないジュリエッタは、忘れかけていた娘への想いをよみがえらせ、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年12月上旬号

ランダムウォーク 「キネ旬」的映画の歩き方:「ジュリエッタ」 “孕む”の主体的考察

REVIEW 日本映画&外国映画:「ジュリエッタ」

2016年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ジュリエッタ」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:「私たち、映画好き!―気になる5本+α」アルモドバル、母と娘のドラマを再び「ジュリエッタ」(原題)

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「ジュリエッタ」 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 「ヒッチコック/トリュフォー」 「めぐりあう日」 「エンドレス・ポエトリー」 「La La Land」 「JOY」 「バンコクナイツ」 「聖の青春」 「PK」 「Knight of Cups」 「映画 聲の形」 「この世界の片隅に」 「ジャングル・ブック」 「ジェーン」