男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

LOVE 3D

  • らぶすりーでぃー
  • LOVE 3D
  • LOVE 3D
  • 平均評点

    61.8点(122人)

  • 観たひと

    160

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ラブロマンス / エロス
製作国 フランス ベルギー
製作年 2015
公開年月日 2016/4/1
上映時間 135分
製作会社
配給 コムストック・グループ(配給協力:クロックワークス)
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .

予告編


     

解説

作品毎にセンセーションを巻き起こす鬼才ギャスパー・ノエが、妻子と暮らす青年の回想という形式で、セックスや感情などすべてを包括する“LOVE”を描こうと試みた3D作品。プレミア上映となった2015年カンヌ国際映画祭でも注目を集めた。主演のカール・グルスマンは、ローランド・エメリッヒやニコラス・ウィンディング・レフンなどの新作に出演している期待の新鋭。

あらすじ

1月1日早朝。電話が鳴る。マーフィー(カール・グルスマン)は目覚める。傍には若い妻オミ(クララ・クリスティン)と2歳の息子ギャスパーの姿が。再生した留守番電話から聞こえてきたのは、かつての恋人エレクトラの母の声。心労で声がやつれ、娘から連絡はなかったか知りたがっている。エレクトラ(アオミ・ムヨック)はずっと行方不明なのだ。母親は、娘に何かあったのではないかと心配している。いつまでも雨のやまない1日、マーフィーはアパートにいて、彼の生涯最大の愛を思い返す。エレクトラとの2年間を。いつまでも続くはずだった、駆け引きに満ち、時に行き過ぎた、過ちだらけの、焼けつくような情熱の日々を……。その回想は、心を引き裂かれそうな別れから始まり、エレクトラと共に過ごした愛に溢れた時間が、時計の針を巻き戻すように蘇る。かつて人生のすべてだと思っていた女。情熱、性欲、嫉妬……。様々な感情に振り回され、ぶつかり合い、愛し合った彼女との時間。その回想がやがて2人の出会い、初めてのキス、初めての夜に立ち戻ったとき、男は喪失を抱えて人生を歩んでゆくほかない……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「LOVE 3D」

2016年3月下旬映画業界決算特別号

「LOVE【3D】」:対談 ギャスパー・エノ「監督」×塚本晋也 映像は聖なるもの。その力を取り戻したいんだ。

2016年3月上旬号

ランダムウォーク 「キネ旬」的 映画の歩き方:◆それぞれの性、さまざまな愛 「LOVE【3D】」