男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴィクトリア

  • びくとりあ
  • VICTORIA
  • VICTORIA
  • 平均評点

    70.8点(179人)

  • 観たひと

    248

  • 観たいひと

    88

  • レビューの数

    45

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 ドイツ
製作年 2015
公開年月日 2016/5/7
上映時間 139分
製作会社 MonkeyBoy
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)MONKEYBOY GMBH 2015

予告編


     

解説

スペインからベルリンにやって来た若い女性が経験する悪夢のような一夜を、約140分の全編をワンカット撮影で捉えたサスペンス。ベルリン国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞。監督は「ルートヴィヒ」などで俳優としても活躍するセバスチャン・シッパー。主演はスペイン出身で「タイム・ハンターズ 19世紀の海賊と謎の古文書」などでも活躍するライア・コスタ。

あらすじ

眩い光がフラッシュする地下のクラブで、激しいダンスに身を委ねる1人の若い女性。3ヵ月前、スペインのマドリードを飛び出し、ベルリンにやってきたヴィクトリア(ライア・コスタ)だった。踊り疲れて帰宅しようとした彼女は、夜明け前の路上で、地元の若者4人組から声を掛けられる。一見チンピラ風だが、どうやら悪人ではなさそうだ。まだドイツ語を話せず、異国の都会で友人も作れずにいたヴィクトリアは、酒を手にした彼らとビルの屋上で楽しいひと時を過ごす。ところがこの4人は危うい事情を抱えていた。裏社会の人物への借りを返すため、これからある“仕事”を実行しなくてはならないのだ。4人のうち運転手役の青年が酔いつぶれてしまったため、代役を依頼されるヴィクトリア。リーダー格のソンネ(フレデリック・ラウ)に好意を抱き始めていたヴィクトリアは彼らの頼みを聞き入れるが、その行く手には、人生が一変するほどの悪夢が待ち受けていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ヴィクトリア」

2016年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ヴィクトリア」

読む、映画:「ヴィクトリア」