男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

  • とらんぼはりうっどにもっともきらわれたおとこ
  • TRUMBO
  • TRUMBO
  • 平均評点

    80.9点(481人)

  • 観たひと

    646

  • 観たいひと

    193

  • レビューの数

    90

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/7/22
上映時間 124分
製作会社
配給 東北新社 Presented by スターチャンネル
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

解説

偽名で「ローマの休日」などの脚本を執筆し、アカデミー賞を2度も受賞したダルトン・トランボの生涯を描いた伝記ドラマ。“赤狩り”の嵐吹き荒れる1950年代、下院非米活動委員会への協力を拒否したトランボはハリウッドを追放されるが……。トランボを演じたブライアン・クランストンが、アカデミー賞候補となった。共演は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のダイアン・レイン、「黄金のアデーレ 名画の帰還」のヘレン・ミレン、「マレフィセント」のエル・ファニング。メガホンを取ったのは、「奇人たちの晩餐会 USA」のジェイ・ローチ。

あらすじ

第二次世界大戦後、共産主義排斥活動“赤狩り”が猛威を振るうアメリカ。その理不尽な弾圧はハリウッドにも飛び火し、売れっ子脚本家ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、議会での証言拒否を理由に投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族の元に戻ったものの、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。しかし、友人にこっそり脚本を託した「ローマの休日」に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への歩みを力強く踏み出す……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:外国映画ベスト・テン

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:読者選出外国映画ベスト・テン

2016年11月下旬号

読者の映画評:「オーバーフェンス」/小西順子 「怒り」/星野市子 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」/東野真美

2016年8月下旬号

特別対談 坪内祐三×高崎俊夫:「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」からはじまる果てのないおしゃべり

REVIEW 日本映画&外国映画:「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

2016年8月上旬号

映画の職人、大いに闘う 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:鼎談 トランボ、偉大なる職人 川本三郎×江戸木純×渡部幻

UPCOMING 新作紹介:「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「シン・ゴジラ」 「怒り」 「ハドソン川の奇跡」 「オーバー・フェンス」 「永い言い訳」 「ダゲレオタイプの女」 「淵に立つ」 「湯を沸かすほどの熱い愛」 「SCOOP!」 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 「スーサイド・スクワッド」 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「Silence」 「ぼくのおじさん」 「イレブン・ミニッツ」 「ゴーストバスターズ」 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「ジェイソン・ボーン」 「溺れるナイフ」 「シング・ストリート 未来へのうた」