男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

帰ってきたヒトラー

  • かえってきたひとらー
  • ER IST WIEDER DA
  • LOOK WHO'S BACK
  • 平均評点

    76.1点(815人)

  • 観たひと

    1146

  • 観たいひと

    163

  • レビューの数

    121

基本情報

ジャンル コメディ / ファンタジー / ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2015
公開年月日 2016/6/17
上映時間 116分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演オリヴァー・マスッチ Adolf Hitler
フランツィシカ・ウルフ Franziska Kromeier
カッチャ・リーマン Katja Bellini
ファビアン・ブッシュ Fabian Sawatzki
クリストフ・マリア・ヘルプスト Christoph Sensenbrink
ラース・ルドルフ kiosk owner
マイケル・ケスラー Michael Witzigmann
トーマス・ティーメ Mr. Karrner, head of the television broadcaster

(C)2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Produktion GmbH Claussen & Wöbke & Putz Filmproduktion GmbH

予告編


     

解説

ドイツで200万部を売り上げ、世界41か国で翻訳されたティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化。突如現れたヒトラーの姿をした男が、モノマネ芸人としてテレビ界でスターになる。しかし彼は、タイムスリップしてきた本物のヒトラーだった。監督・脚本は、「Feuchtgebiete」のデヴィッド・ヴェンド。出演は、「グリード」のオリヴァー・マスッチ。

あらすじ

ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。男は長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。自信に満ちた演説はかつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と見做され、過激な毒演はユーモラスでありながら真理をついていると評判を呼び、男は一躍人気者に。しかし、彼はタイムスリップしてきた本物のヒトラーだった。そして天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境だった……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年1月上旬号

MOVIE at HOME:●DVD COLLECTION 「帰ってきたヒトラー」

2016年9月上旬号

読者の映画評:「ガールズ&パンツァー劇場版」佐藤伸至/「帰ってきたヒトラー」牧田悠/「64ロクヨン後編」高嶋哲也

2016年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「帰ってきたヒトラー」

2016年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「帰ってきたヒトラー」