男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

教授のおかしな妄想殺人

  • きょうじゅのおかしなもうそうさつじん
  • IRRATIONAL MAN
  • IRRATIONAL MAN
  • 平均評点

    69.1点(385人)

  • 観たひと

    552

  • 観たいひと

    124

  • レビューの数

    66

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/6/11
上映時間 95分
製作会社
配給 ロングライド(提供 KADOKAWA=ロングライド)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

Photo by Sabrina Lantos (C) 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

予告編


     

解説

欧米各地を身軽に行き来し、独特の哲学に基づく珠玉作の数々を発表してきたウディ・アレン監督が、個性派俳優ホアキン・フェニックスと組んだ最新作。『マジック・イン・ムーンライト』に続いてエマ・ストーンをヒロインに迎え、“人はなぜ生きるのか?”という究極の命題をはらむクライム・コメディ。奇抜なストーリー展開の中に人間の悲哀と滑稽さが入り混じり、アレン流のダークなユーモアが炸裂する!

あらすじ

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「教授のおかしな妄想殺人」

ウディ・アレンのノスタルジーとセクソロジー 「教授のおかしな妄想殺人」:ウディ・アレンの映画に誰でも感じているあの懐かしさのすべてについて考えましょう

2016年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「教授のおかしな妄想殺人」