男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サウルの息子

  • さうるのむすこ
  • SAUL FIA
  • SON OF SAUL
  • 平均評点

    76.2点(465人)

  • 観たひと

    675

  • 観たいひと

    110

  • レビューの数

    97

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ハンガリー
製作年 2015
公開年月日 2016/1/23
上映時間 107分
製作会社 Laokoon Filmgroup, Hungarian Film Fund, Laokoon Film Arts
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 Laokoon Filmgroup

解説

第68回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリー映画。1944年、アウシュヴィッツ。ユダヤ人ながら同胞の屍体処理を担うサウルは、あるとき息子に似た少年の遺体を発見。ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうとするが……。監督・脚本は、タル・ベーラに師事したハンガリーの新鋭ネメシュ・ラースロー。ブダペスト出身の詩人ルーリグ・ゲーザが主役に抜擢された。

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとして働いている。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見。その少年はすぐさま殺されてしまうが、サウルはラビ(=ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「サウルの息子」

「サウルの息子」:インタビュー ネメシュ・ラースロー「監督・脚本」 ハンガリーの新鋭が放つ衝撃作

「サウルの息子」:ヤンチョー・ミクローシュとタル・ベーラ、そしてネメシュ・ラースロー

2016年1月下旬号

読む、映画:「サウルの息子」