男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボーダーライン(2015)

  • ぼーだーらいん
  • SICARIO
  • SICARIO
  • 平均評点

    76.0点(604人)

  • 観たひと

    825

  • 観たいひと

    93

  • レビューの数

    87

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/4/9
上映時間 121分
製作会社 Black Label Media, Lionsgate, Thunder Road Pictures
配給 KADOKAWA
レイティング R-15
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

予告編


     

解説

「灼熱の魂」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、米墨国境の町で繰り広げられる麻薬戦争を描写。麻薬カルテル撲滅を目指すFBI捜査官が犯罪や死が当然の法無き世界に直面し倫理観を揺るがせる。アメリカとメキシコの国境の町フアレスで過酷な現実に投じられる女性捜査官を「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが、案内人を「トラフィック」でアカデミー賞助演男優賞を獲得したベニチオ・デル・トロが、特別捜査官を「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリンが演じる。

あらすじ

エリートFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、肥大化するメキシコ麻薬カルテルを潰すためにアメリカ国防総省特別部隊に選抜される。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集された彼女は、アメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織ソノラカルテル撲滅のための極秘任務に、あるコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共にあたることに。しかしその任務は、仲間の動きさえも掴めない通常では考えられないような任務であった。人の命が簡単に奪われるような状況下に置かれ、麻薬カルテル撲滅という大義のもとどこまで踏み込んでいいのか、法が機能しないような世界で合法的な手段だけで悪を制せるのかと、善悪の境が揺さぶられるケイト。そして巨悪を追えば追うほどその闇は深まっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年5月下旬号

読む、映画:「ボーダーライン」

2016年5月上旬号

読む、映画:「ボーダーライン」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ボーダーライン」

2016年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ボーダーライン」

2016年4月上旬号

読む、映画:「ボーダーライン」

2016年3月上旬号

ランダムウォーク 「キネ旬」的 映画の歩き方:「ボーダーライン」