男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マクリントック

  • まくりんとっく
  • McLINTOCK!
  • MCLINTOCK

amazon


  • 平均評点

    62.2点(34人)

  • 観たひと

    52

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1964/2/8
上映時間 126分
製作会社 パトジャック・プロ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「アラモ」のジェームズ・エドワード・グラントのシナリオをTV「ローハイド」のアンドリュー・V・マクラグレンが監督した西部劇。撮影は「アラモ」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「何がジェーンに起こったか?」のダナム&フランク・デボールの兄弟。出演者は「ドノバン珊瑚礁」のジョン・ウェイン、「スペンサーの山」のモーリン・オハラ、「十戒(1957)」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「アラモ」のパトリック・ウェイン、「インターン」のステファニー・パワーズほか、ジャック・クラシェン、チル・ウィルスら。

あらすじ

マクリントック(ジョン・ウェイン)は妻キャサリン(モーリン・オハラ)に不貞を疑われ、家出されてしまっている。彼は富豪であり、人望もある。ある日、妻が町に帰って来て彼らの一人娘ベッキーの後見人に彼女の方がなること、離婚協諾書にサインをすることを迫った。その上、牧童に雇った男の母親ルイス(イボンヌ・D・カルロ)の美しさに憑かれ、コックとして雇い入れたため、夫人は大憤激。折りも折り、東部の大学に留学中のベッキーが帰って来た。その同じ汽車でマクリントックの敷地で待っていたインディアンたちの指導者たちも降りたったが、州当局は退去を命じ、それに肯じなかったため、マクリントックの尽力にもかかわらず強制収容されてしまった。恒例の独立記念日がやって来た。町中が浮かれているとき、突然、無実なのに疑いをかけられて憤慨したインディアンが仲間のハーフを救おうと刑務所を爆破し、逃走したインディアンで町中は大混乱に陥った。だが騎兵隊が駆けつけ、追われるように一行は故郷へと立ち去った。そんな騒ぎに興奮したマクリントックはキャサリンとけんかをはじめ、暴力までふるった。と、彼女の方が今までとは逆に低姿勢になり、講和を申し込んだ。ベッキーもルイスの息子と婚約した。マクリン。トックの家庭に再び平和が戻ってきた……。

関連するキネマ旬報の記事

1964年3月下旬号

外国映画紹介:マクリントック

外国映画批評:マクリントック

1964年2月下旬決算特別号

新作グラビア:マクリントック