男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

火の山のマリア

  • ひのやまのまりあ
  • IXCANUL
  • ----
  • 平均評点

    72.7点(56人)

  • 観たひと

    74

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 グアテマラ フランス
製作年 2015
公開年月日 2016/2/13
上映時間 93分
製作会社 La Casa de Production, Tu Vas Voir Productions
配給 エスパース・サロウ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015

予告編


     

解説

農業を営む貧しいマヤの母娘の姿を通して、グアテマラが抱える社会問題を描いたヒューマンドラマ。ハイロ・ブスタマンテ監督は、長編映画デビューとなった本作で、2015年ベルリン国際映画祭アルフレッド・バウアー賞を受賞。幼少期をマヤ文明の地で過ごした監督自らが取材を通じて知り得た事実も盛り込み、ドキュメンタリーのような臨場感溢れる作品に仕上げた。役者には現地の人々を起用している。

あらすじ

17歳になるマヤ人のマリア(マリア・メルセデス・コロイ)は、農業を営む両親と一緒に暮らしていた。だが、家族は貧しく、作物を収穫できなければ借地を追い出されてしまう厳しい境遇に置かれていた。そこで両親は、地主のイグナシオにマリアを嫁がせようとする。ところが、コーヒー農園で働く青年ペペに惹かれていたマリアはある日、彼の子どもを身籠ってしまう。一方、農場は蛇の被害に悩まされていた。強力な農薬も効かず、頭を抱える人々。そんな時、マリアの妊娠が発覚する……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「火の山のマリア」

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「火の山のマリア」