男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

  • しびるうぉーきゃぷてんあめりか
  • CAPTAIN AMEICA:CIVIL WAR
  • CAPTAIN AMEICA:CIVIL WAR
  • 平均評点

    80.8点(1099人)

  • 観たひと

    1582

  • 観たいひと

    171

  • レビューの数

    140

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016/4/29
上映時間 148分
製作会社
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 7chステレオ
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演クリス・エヴァンス CAPTAIN AMERICA/STEVE ROGERS
ロバート・ダウニーJr. IRON MAN/TONY STARK
スカーレット・ヨハンソン BLACK WIDOW/NATASHA ROMANOFF
セバスチャン・スタン WINTER SOLDIER/BUCKY BARNES
アンソニー・マッキー FALCON/SAM WILSON
ドン・チードル WAR MACHINE/JAMES “RHODEY” RHODES
ジェレミー・レナー HAWKEYE/CLINT BARTON
チャドウィック・ボーズマン BLACK PANTHER/T’CHALLA
ポール・ベタニー VISION
エリザベス・オルセン SCARLET WITCH/WANDA MAXIMOFF
ポール・ラッド ANT-MAN/SCOTT LANG
エミリー・ヴァンキャンプ AGENT13/SHARON
トム・ホランド SPIDER-MAN/PETER PARKER
フランク・グリロ CROSSBONES/BROCK RUMLOW
ウィリアム・ハート THADDEUS ROSS
ダニエル・ブリュール COLONEL HELMUT ZEMO
マーティン・フリーマン Everett Ross

(C)2016 Marvel

解説

マーベルが生んだヒーロー、キャプテン・アメリカを主人公にしたシリーズ第3弾。アイアンマン始め「アベンジャーズ」の仲間同士が壮絶な戦いを繰り広げる。監督は「アベンジャーズ」の次回作も決定しているアンソニー&ジョー・ルッソの兄弟。クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jrなど「アベンジャーズ」シリーズでお馴染みのキャストに加え、新たなヒーロー、ブラック・パンサーを演じるチャドウィック・ボーズマン(「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」)らが新加入。

あらすじ

平和を守る「アベンジャーズ」の戦いは、アメリカ国内のみならず全世界に広がり、多くの人々を救ってきた。だがその反面、国境を軽々と飛び越える戦いがもたらす被害も甚大になってゆく。やがて、世界中で巻き起こるアベンジャーズを危険視する声。ついに彼らは、国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁止される。アイアンマンとして数多くの人々を救いながらも、一般市民を危険に晒したという罪の意識を持つトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、これに賛成。しかし、自由を重んじるキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、そんなトニーに失望する。両者の対立がエスカレートする中、事態は大きく動く。ウィーンの政府組織の本拠地でテロ事件が発生。その犯人としてキャプテン・アメリカのかつての親友、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が指名手配されたのだ。アイアンマンと彼を支持するブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、政府組織の指示を受けてウィンター・ソルジャーの捜索を開始。その頃、キャプテン・アメリカは、過去を共にした親友バッキーか、それとも未来を共にするアイアンマンたちか、二つの友情の間で葛藤していた。そんな彼に味方するのは、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)たち。アイアンマンの傍にも、ウォーマシンこと長年の友人ローズ(ドン・チードル)、その戦いを支え続けた人工知能ジャーヴィスが進化したヴィジョン(ポール・ベタニー)がいた。さらに、復讐のためにウィンター・ソルジャーを追うブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)もこれに加わる。こうして、アイアンマンとキャプテン・アメリカを中心に、アベンジャーズを二分する壮絶な戦いが幕を開ける……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年6月下旬号

読者の映画評:「スポットライト 世紀のスクープ」関純也/「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」/「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」小島弘之

2016年5月上旬号

「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」:対談 石川裕人「アメコミ番長」×南波克行「映画評論家」彷徨う、アメリカの正義

UPCOMING 新作紹介:「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」