男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

みんなのための資本論

  • みんなのためのしほんろん
  • INEQUALITY FOR ALL
  • INEQUALITY FOR ALL
  • 平均評点

    71.5点(31人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / その他
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2015/11/21
上映時間 85分
製作会社 72 Productions
配給 太秦
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2013 Inequality for All, LLC

場面

予告編


     

解説

クリントン大統領政権下で労働長官を務めた経験を持つ経済学者のロバート・ライシュが、現代アメリカの格差問題に警鐘を鳴らし、資本主義の大転換のための処方箋を説くドキュメンタリー。監督は、プロデューサーとしても活躍するジェイコブ・コーンブルース。撮影を「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」のスベトラーナ・スベトゥコ、音楽を「バンパイアハンターD」のマルコ・ダンブロシオが担当する。

あらすじ

クリントン元大統領、ヒラリー・クリントンとはオックスフォード大学時代のクラスメートであり、その後クリントン政権下で労働長官を務めた経済学者のロバート・ライシュは、先進国の格差社会の到来を早くから予言、アメリカの急速な格差の拡大に警鐘を鳴らしてきた。1970年代以降、富はごく限られた富裕層に集中し、労働者たちは日々の生活に疲弊している。いま、ロバート・ライシュは若者に「変化を起こす者になれ」と語りかけ、資本主義の大転換のための処方箋を説く……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「みんなのための資本論」