男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

わたしはマララ

  • わたしはまらら
  • HE NAMED ME MALALA
  • HE NAMED ME MALALA
  • 平均評点

    71.5点(58人)

  • 観たひと

    88

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2015/12/11
上映時間 88分
製作会社 Imagenation Abu Dhabi FZ, Parkes+MacDonald Image Nation, Participant Media
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

解説

2014年に17歳にしてノーベル平和賞を受賞したパキスタン人の少女マララ・ユスフザイとその家族に迫ったドキュメンタリー作品。パキスタン・タリバン運動支配下に入ったパキスタン北部スワート渓谷での女子教育が妨害されている教育事情や圧政に脅かされた生活の模様をBBC放送のブログに綴り、タリバンに命を狙われてもなお子供の権利のために活動を続ける彼女の生い立ちや少女らしい素顔、教育者である父ら家族の思いを映し出していく。監督は「不都合な真実」で第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したデイヴィス・グッゲンハイム 。

あらすじ

2014年に17歳にしてノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイは、1997年に学校経営をする詩人の父と文字の読めない母との間に生まれた。父は民族の英雄である女性にちなみ、娘をマララと名付けた。やがて彼女は学校へ通いはじめる。生まれ育ったパキスタン北部にあるスワート渓谷がパキスタン・タリバン運動の支配下に置かれると圧政がはじまり、女子教育が妨害されるように。そんな実情をBBC放送のブログに綴っていくが、ニューヨークタイムズのドキュメンタリーへの出演をきっかけに身元が割れ、15歳のときに下校途中に友人とともに銃撃されてしまう。一命をとりとめた彼女は屈することなく教育の必要を訴えマララ基金を設立、世界規模の活動を続けている。カメラはブラッド・ピットやフェデラー選手のファンである一面や普段の様子、家族たちの思いを捉えるとともに、彼女が教育のために活動をし続ける理由に迫っていく。

関連するキネマ旬報の記事

2016年1月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「わたしはマララ」

2015年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「わたしはマララ」