男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブリッジ・オブ・スパイ

  • ぶりっじおぶすぱい
  • BRIDGE OF SPIES
  • BRIDGE OF SPIES
  • 平均評点

    78.4点(1073人)

  • 観たひと

    1476

  • 観たいひと

    195

  • レビューの数

    162

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/1/8
上映時間 142分
製作会社 Amblin Entertainment, DreamWorks SKG, Fox 2000 Pictures
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

予告編


     

解説

スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟脚本×トム・ハンクス主演の豪華顔合わせで贈るサスペンス。実話を元に、冷戦下の1960年代、米ソ全面核戦争の危機が迫る中で両国のスパイ交換任務に当たった米国人弁護士の苦闘を描く。共演は「ブーリン家の姉妹」のマーク・ライランス、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のエイミー・ライアン。

あらすじ

アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。彼は、米国が身柄を拘束したソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右しかねない重大な任務を託される。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイを交換することだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできたジェームズは、米ソの全面核戦争を阻止するため、全力で不可能に立ち向かってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブリッジ・オブ・スパイ」

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:インタビュー スティーヴン・スピルバーグ「監督」歴史というのはフィクションよりも面白いと思う

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:インタビュー トム・ハンクス「主演」 ドノバンの、あの誠実な態度を貫くことが大切だった

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:対談 スティーヴン・スピルバーグ×トム・ハンクス われわれは歴史の証言者になりたい

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:もう一度見たくなる、スピルバーグ作品の名言集

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:スピルバーグと共に映画は成長してきた

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:交換の劇

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:巨きなスピルバーグ映画の変貌と魅力

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:”義の人”スピルバーグ

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:これがリアルやないか!

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:「ブリッジ・オブ・スパイ」をもっとたのしむためのシネマガイド

ここには スピルバーグのすべてがある 「ブリッジ・オブ・スパイ」:スピルバーグのアメリカ