男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ディーン、君がいた瞬間(とき)

  • でぃーんきみがいたとき
  • LIFE
  • LIFE
  • 平均評点

    65.8点(134人)

  • 観たひと

    196

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ドラマ / 伝記
製作国 カナダ ドイツ オーストラリア
製作年 2015
公開年月日 2015/12/19
上映時間 112分
製作会社 See-Saw Films, Barry Films, First Generation Films
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

Photo Credit:Caitlin Cronenberg, (C)See-Saw Films

予告編


     

解説

24歳で早逝した俳優ジェームズ・ディーンと『LIFE』誌の天才写真家デニス・ストックの知られざる2週間の旅路を描いた伝記ドラマ。ジェームズ・ディーンを演じるのは「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン。デニス・ストック役には「トワイライト・サーガ」シリーズのロバート・パティンソンを起用。監督は「誰よりも狙われた男」のアントン・コービン。

あらすじ

1955年、アメリカ。マグナム・フォト所属の野心溢れる若手写真家デニス・ストック(ロバート・パティンソン)はもっと世界をアッと言わせる写真を撮らなければと焦っていた。その頃、パーティで無名の新人俳優ジェームズ・ディーン(デイン・デハーン)と出会ったストックは、彼がスターになることを確信。『LIFE』誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追ってロサンゼルス、ニューヨーク、さらに彼の故郷インディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかったものの、次第に互いの才能に刺激されてゆく2人。そして彼らの運命だけでなく、時代をも変える写真が思わぬ形で誕生するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年1月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

読む、映画:「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

2016年1月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

2015年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ディーン、君がいた瞬間(とき)」