男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジェーン

  • じぇーん
  • JANE GOT A GUN
  • JANE GOT A GUN
  • 平均評点

    64.9点(187人)

  • 観たひと

    247

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル 西部劇 / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/10/22
上映時間 98分
製作会社
配給 ポニーキャニオン
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

主演のナタリー・ポートマンが製作も務めた西部劇。夫ハムが悪名高いギャングのビショップに撃たれ、瀕死の状態に。狙った獲物は逃さないビショップから家族を守るために、妻ジェーンは南北戦争の英雄である元恋人ダンに助けを求め、銃を手に戦う決意をする。監督は「ウォーリアー」のギャヴィン・オコナー。強欲なビショップを「スター・ウォーズ」シリーズのユアン・マクレガーが、ジェーンに手を差し伸べるかつての恋人を「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートンが演じる。

あらすじ

アメリカ西部の荒野で、ジェーン(ナタリー・ポートマン)は夫ハム(ノア・エメリッヒ)と娘と暮らしていた。しかしある日、悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)にハムが撃たれ瀕死の状態となり、穏やかな暮らしが一変する。強欲で執念深いビショップの恐ろしさを知るジェーンは、家族を守るために、南北戦争のときに活躍したかつての恋人ダン(ジョエル・エドガートン)にすがる思いで助けを求める。敵が迫りくる中、それぞれの過去が明らかに。ジェーンは愛のために戦うことを決意し、銃を手に取る――。

関連するキネマ旬報の記事

2016年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ジェーン」

2016年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ジェーン」

2016年9月上旬号

ランダムウォーク:「ジェーン」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「ジュリエッタ」 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 「ヒッチコック/トリュフォー」 「めぐりあう日」 「エンドレス・ポエトリー」 「La La Land」 「JOY」 「バンコクナイツ」 「聖の青春」 「PK」 「Knight of Cups」 「映画 聲の形」 「この世界の片隅に」 「ジャングル・ブック」 「ジェーン」