男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ズートピア

  • ずーとぴあ
  • ZOOTOPIA
  • ZOOTOPIA
  • 平均評点

    83.1点(1706人)

  • 観たひと

    2514

  • 観たいひと

    282

  • レビューの数

    215

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016/4/23
上映時間 109分
製作会社
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督バイロン・ハワード 
リッチ・ムーア 
共同監督ジャレド・ブッシュ 
脚本ジャレド・ブッシュ 
フィル・ジョンストン 
製作総指揮ジョン・ラセター 
製作クラーク・スペンサー 
プロダクション・デザインデヴィッド・ゲッツ 
音楽マイケル・ジアッチーノ 
主題歌シャキーラ:(トライ・エヴリシング)
日本版主題歌Dream Ami:(トライ・エヴリシング)
編集ファビアンヌ・ローリー 
ジェレミー・ミルトン 
アソシエイト・プロデューサーブラッドフォード・S・シモンセン 
モニカ・ラーゴ=ケイティス 
ビジュアル・エフェクツ・アーティスト成田裕明 
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザースコット・カーサヴェイジ 
日本語字幕翻訳石田泰子 
プレビジュアリゼーション・アーティスト/レイアウトマット鈴木 
ライティング/コンポジティング・アーティスト吉田かおり 

キャスト

出演(声)ジニファー・グッドウィン Judy Hopps
ジャイソン・ベイトマン Nick Wilde
イドリス・エルバ Chief Bogo
ネイト・トランス Clawhauser
J. K. シモンズ Mayor Lionheart
ジェニー・スレイト Bellwether
トミー・“タイニー”・リスター Finnick
レイモンド・パーシ Flash
オクタヴィア・スペンサー Mrs. Otterton
シャキーラ Gazelle
上戸彩 ジュディ・ホップス
森川智之 ニック・ワイルド
三宅健太 チーフ・ボゴ
高橋茂雄(サバンナ)クロウハウザー
玄田哲章 ライオンハート市長
竹内順子 ベルウェザー副市長
芋洗坂係長 マイケル・狸山

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

予告編


     

解説

夢に燃える新米警官のウサギと詐欺師のキツネが、動物たちの楽園ズートピアの危機に立ち向かう冒険アニメ。「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアが監督を務める。3D/2D同時公開。動物たちが人間のように暮らす大都市ズートピアで、ウサギ初の警察官になったジュディは、認められようとしてキツネの詐欺師ニックと組み失踪事件の捜査にあたるうちに、ズートピアに隠された陰謀に気付く……。字幕版では、ジュディの声をテレビドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のジニファー・グッドウィンが、ニックの声を「モンスター上司」のジェイソン・ベイトマンが担当する。

あらすじ

高度な文明が発達した動物たちの楽園ズートピア。そこは、誰もが夢を叶えられるところだった。田舎町バニーバロウで育ったウサギのジュディは、幼い頃から、世界をより良くするために警察官になりたいと思い描いていた。サイやカバといった大型動物だけが警察官になっているものの、ジュディは警察学校を首席で卒業。ウサギとして初めて警察官になり、ズートピアに赴任する。しかし、動物たちの連続行方不明事件が発生し、捜査に向かうのはサイやゾウといった大型の同僚たちばかり。スイギュウの署長ボゴはジュディの能力を認めようとせず、駐車違反の取締りを命じる。そんな中、街で困った様子のキツネの親子を助けたところ、彼らは詐欺師だった。だまされショックを受けるジュディに、詐欺師のニックは、何にでもなれると思っていても無理だと言い放つ。落ち込むジュディだったが、諦めずに、未捜査のままになっているカワウソのオッタートンが行方不明になっている事件の捜査に名乗り出る。ジュディを応援するヒツジのベルウェザー副市長の後押しもあり、ボゴは期間は2日間のみであること、失敗したらクビにすることをを条件に、やむなく捜査を任せる。チャンスを掴んだものの、手がかりは皆無だった。そこでジュディは、街に精通しているニックに協力を依頼。秘密を握られているニックは、渋々彼女の捜査に付き合うことにする。ニックの情報網を駆使し聞き込みを続けるうちに、ついにツンドラ・ラウンでオッタートンの痕跡が残る車を見つける。しかしその車はツンドラ・タウンの闇のボス、ミスター・ビッグのものであり、ジュディとニックは捕まってしまう。何とかこの危機を切り抜けたジュディとニックは、新たな手がかりを掴むとともに、ズートピアに何かが起ころうとしていることに気付く……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ズートピア」

2016年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ズートピア」