男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒトラー暗殺、13分の誤算

  • ひとらーあんさつじゅうさんぷんのごさん
  • ELSER
  • 13MINUTES
  • 平均評点

    71.6点(316人)

  • 観たひと

    435

  • 観たいひと

    55

  • レビューの数

    59

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 ドイツ
製作年 2015
公開年月日 2015/10/16
上映時間 114分
製作会社 Lucky Bird Pictures, Delphi Medien, Philipp Filmproduction
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG

予告編


     

解説

ドイツ国家が真実を封印したとされる1939年のヒトラー暗殺未遂事件の謎に迫るサスペンスドラマ。監督は「ヒトラー 最期の12日間」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。出演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、「コーヒーをめぐる冒険」のカタリーナ・シュットラー、「コッホ先生と僕らの革命」のブルクハルト・クラウスナー。撮影は「陽だまりハウスでマラソンを」のユーディット・カウフマン。

あらすじ

1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く退席するが、そのわずか13分後、ホールに仕掛けられていた爆弾が爆発する。当日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげたその計画は緻密かつ大胆、さらに時限装置付きの爆弾は精密かつ確実なものであった。独秘密警察ゲシュタポは、単独犯はありえないと考え、英諜報部の関与を疑うが逮捕されたのはゲオルク・エルザー(クリスティアン・フリーデル)という36歳の平凡な家具職人だった。彼はスパイどころか所属する政党もなく、すべて自分一人で実行したと供述。それを知ったヒトラーは、犯行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる。やがて、恋と音楽、そして自由を謳歌していた普通の男の驚愕の信念が明らかになっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ヒトラー暗殺、13分の誤算」

2015年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ヒトラー暗殺、13分の誤算」