男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カミーユ、恋はふたたび

  • かみーゆこいはふたたび
  • CAMILLE REDOUBLE
  • CAMILLE REWINDS
  • 平均評点

    62.7点(67人)

  • 観たひと

    102

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 フランス
製作年 2012
公開年月日 2015/10/31
上映時間 115分
製作会社 F Comme Film, Cine@, Gaumont
配給 gnome
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2012 F comme Film, Ciné@, Gaumont, France 2 Cinéma

予告編


     

解説

「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のノエミ・ルヴォウスキーが、監督・脚本・主演を務めるコメディドラマ。25年連れ添った夫から離婚を言い渡された中年女性が、学生時代にタイムスリップし、2度目の青春を謳歌する姿を描く。共演は「ベルサイユの子」のジュディット・シュムラ、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリック、「男性・女性」のジャン=ピエール・レオー。

あらすじ

パリ在住のカミーユ(ノエミ・ルヴォウスキー)は、人生の折り返し地点を迎えている中年女性。ネコと酒に慰められながら、上手くいかない人生を乗り切ってきた。だがある日、カミーユは25年連れ添った夫から離婚を言い渡される。どうやら夫は、若い彼女を作ったらしい。どん底のカミーユは、心機一転、パーティーで大はしゃぎするが、酔っぱらって転倒し意識を失ってしまう……。気がつくと彼女は、学生時代にタイムスリップしていた。見た目は中年姿のままだったが、周囲には10代に見えているようだ。違和感を覚えながらも、今は亡き大好きな両親や個性的な友人らと2度目の青春を謳歌するカミーユ。そんな人生を見つめ直す機会を得た彼女であったが、恐れていた夫との出会いが訪れる……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年11月下旬号

ランダムウォーク「キネ旬」的 映画の歩き方:「カミーユ、恋はふたたび」元女の子たちよ、青春時代に旅立とう

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「カミーユ、恋はふたたび」

2015年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「カミーユ、恋はふたたび」