男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声

  • ぼーいそぷらのただひとつのうたごえ
  • BOYCHOIR
  • BOYCHOIR
  • 平均評点

    72.7点(139人)

  • 観たひと

    194

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2015/9/11
上映時間 103分
製作会社 Informant Films, Informant Media
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2014 BOYCHOIR MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. (C)Myles Aronowitz 2014

予告編


     

解説

美声を持つ不遇の少年が歌と人生の師に出会い、自らの運命を切り開いていく姿を描くヒューマンドラマ。監督は「レッド・バイオリン」のフランソワ・ジラール。出演は「レインマン」のダスティン・ホフマン、本作が長編デビューとなるギャレット・ウェアリング、「ミザリー」のキャシー・ベイツ、「愛と追憶の日々」のデブラ・ウィンガー、「J・エドガー」のジョシュ・ルーカス、「ワルキューレ」のエディ・イザード。

あらすじ

複雑な家庭環境に育ち、トラブルばかり起こしていた少年ステット(ギャレット・ウェアリング)は、実はたぐいまれなる美声を持っていた。そんなある日、愛する母を亡くし、一人ぼっちとなってしまった彼は、名門少年合唱団へ入学。そこでは、厳しい指導で知られるカーヴェル(ダスティン・ホフマン)が少年たちの育成を任されていた。彼は若い頃に才能を否定され、指導者の道に入った過去があり、才能がありながらもそれを無駄にしているステットに対し厳しく接する。ステットは楽譜も読めず、しばしば同級生たちからいじめを受けるが、カーヴェルの導きにより次第に歌うことに魅了されていくのだった。やがて、由緒正しいコンサートでソロを歌うチャンスがステットに与えられる……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」

2015年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」