男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

顔のないヒトラーたち

  • かおのないひとらーたち
  • IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS
  • LABYRINTH OF LIES
  • 平均評点

    75.1点(231人)

  • 観たひと

    326

  • 観たいひと

    72

  • レビューの数

    48

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2014
公開年月日 2015/10/3
上映時間 123分
製作会社 Claussen Wobke Putz Filmproduktion, Naked Eye Filmproduktion
配給 アットエンタテインメント
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演アレクサンダー・フェーリング Johann Radmann
フリーデリーケ・ベヒト Marlene Wondrak
アンドレ・ジマンスキー Thomas Gnielka
ゲルト・フォス Generalstaatsanwalt Fritz Bauer
ヨハネス・クリシュ Simon Kirsch
ヨハン・フォン・ビューロー Staatsanwalt Otto Haller

(C) 2014 Claussen+Wöbke+Putz Filmproduktion GmbH / naked eye filmproduction GmbH & Co.KG

予告編


     

解説

戦時中にナチスが犯した罪をドイツ人自ら裁き戦争責任に向き合う契機となった1963~1965年のアウシュヴィッツ裁判開廷までの道のりを、事実に基づき描いた人間ドラマ。戦後十数年が経ち戦争を過去のものとする雰囲気に包まれる中、ナチスの罪を浮かび上がらせようとした検察官たちの苦闘に迫る。監督は俳優としても活躍するイタリア出身のジュリオ・リッチャレッリ。本作が長編映画初監督作品となる。主演は「ゲーテの恋~君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』~」のアレクサンダー・フェーリング。ほか、「ハンナ・アーレント」のフリーデリーケ・ベヒトらが出演。

あらすじ

1958年、西ドイツ・フランクフルト。第二次世界大戦が終わってから十数年が経ち、西ドイツは西側諸国との結びつきを強くして経済復興を成し遂げようとし、大半の人々は戦争は過去のものとして当時の記憶も自分たちが犯した罪も忘れ去ろうとしていた。そんな中、あるジャーナリストがかつてアウシュヴィッツ強制収容所にいた元親衛隊員が規定を破り教職についていることを突きとめる。上司の制止も聞かず、新米検察官のヨハンはジャーナリストのグニルカや強制収容所の生き残りであるユダヤ人シモンとともに調査を開始。様々な妨害にあいながらも、検事総長バウアーの指揮のもと、生存者の証言や実証を得ながらナチスがアウシュヴィッツで犯した罪の詳細を明らかにしていく。

関連するキネマ旬報の記事

2015年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「顔のないヒトラーたち」

映画を見ればわかること:第324回 ドイツ映画「顔のないヒトラーたち」で描かれたアウシュヴィッツ裁判のこと

2015年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「顔のないヒトラーたち」