男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ベトナムの風に吹かれて

  • べとなむのかぜにふかれて
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    65.4点(67人)

  • 観たひと

    97

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本 ベトナム
製作年 2015
公開年月日 2015/10/17
上映時間 114分
製作会社 「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会
配給 アルゴ・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督大森一樹 
脚本大森一樹 
北里宇一郎 
原作小松みゆき:(「ベトナムの風に吹かれて」(角川文庫刊))
エグゼクティブプロデューサー上田義朗 
企画協力港健二郎 
プロデューサー岡田裕 
撮影斎藤幸一 
美術山田好男 
ファム・クォック・チュン 
音楽かし渕哲郎 
主題歌フォー・セインツwith松坂慶子:(「たまには仲間で」(ユニバーサル ミュージック))
録音藤丸和徳 
音響効果伊藤克己 
編集金子尚樹 
助監督佐藤吏 
タイトルデザイン倉地宏幸 

キャスト

出演松坂慶子 佐生みさお
草村礼子 佐生シズエ
藤江れいな 坂口真希
山口森広 ドエン/遠藤
貴山侑哉 桜木光敏
斎藤洋介 菊池啓太
松金よね子 佐生幸子
柄本明 佐生雄一郎
奥田瑛二 小泉民生
チャン・ニュオン 
グエン・ラン・フーン 
チャン・ハイン 
ビン・スエン 
ヴァン・バウ 
ジェム・ロック 
友情出演吉川晃司 吉川晃司

(C)「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会

予告編


     

解説

自身が日本語教師を勤めるベトナムに認知症の母を呼び寄せ暮らした体験を綴った小松みゆきの『越後のBaちゃんベトナムへ行く』を基にした人間ドラマ。老いた母と向き合う日本語教師の姿や、活気あふれるベトナムで様々な人に支えられながら心通わす日々を描いていく。監督は「津軽百年食堂」「ヒポクラテスたち」の大森一樹。主演は「武士の家計簿」「死の棘」の松坂慶子。フォークグループ『フォー・セインツ』とともに主題歌も歌う。認知症の母を「Shall we ダンス?」の草村礼子が、再会した旧友を監督としても活躍する奥田瑛二が演じるほか、アイドルグループ『NMB48』の藤江れいな、吉川晃司らが出演。初の日本・ベトナム合作映画。

あらすじ

父の死去の知らせを受けベトナム・ハノイから故郷の新潟に帰ったみさお(松坂慶子)は、母シズエ(草村礼子)が認知症になり父の死も理解できていない姿を目の当たりにする。母は後妻であるため、血がつながっているのはみさおだけだった。みさおは兄らの反対を押し切って、自分が日本語教師として働いているベトナムへ新潟からすら出たことのない母を連れて行くことにする。母が突拍子もないことを起こしてもベトナムの人々は二人をおおらかに受け入れ、言葉が通じずとも心を通わせていく。さらにみさおは若かりし頃の友人・小泉(奥田瑛二)と再会し、旧交を温めていった。しかし母が思わぬ怪我をしたこと、認知症が進行したことで疲弊してしまう。それでもみさおは老いた母と向き合い、ベトナムの人々からの支えや交流を得て、人生の葛藤を乗り越えていく。

関連するキネマ旬報の記事

2015年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ベトナムの風に吹かれて」

2015年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ベトナムの風に吹かれて」

「ベトナムの風に吹かれて」:インタビュー 大森一樹[監督・脚本] 自分の映画史を辿る