男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ザ・ウォーク

  • ざうぉーく
  • THE WALK
  • THE WALK
  • 平均評点

    77.2点(694人)

  • 観たひと

    960

  • 観たいひと

    108

  • レビューの数

    111

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/1/23
上映時間 123分
製作会社 ImageMovers, Mel's Cite du Cinema, Sony Pictures Entertainment (SPE)
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

予告編


     

解説

1974年、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールド・トレード・センタービルの間を、ワイヤー1本で綱渡りに挑んだフィリップ・プティの実話を映画化。「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィットがプティを演じる。「ディーン、君がいた瞬間」のベン・キングズレー、「イヴ・サンローラン」のシャルロット・ルボンが共演。監督は「フライト」のロバート・ゼメキス。

あらすじ

8歳の時、故郷フランスで“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団“白い悪魔たち”の妙技に魅せられたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、独学でトレーニングを積み、“白い悪魔たち”の門を叩く。ところが、座長のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)と決裂。1973年。パリで大道芸人として綱渡りを披露していたフィリップは、雑誌の記事で世界最高層のワールド・トレード・センタービル建設中のニュースを知り、衝撃を受ける。このツインタワーの屋上と屋上の間にワイヤーを架けて歩く……。危険極まりない違法行為ながら、その夢に囚われた彼は、実現に向かって走り始める。最初の協力者は、美術学校生のアニー(シャルロット・ルボン)とカメラマン志望の青年ジャン=ルイ(クレメント・シボニー)。さらに正しいワイヤーの張り方を習得するため、パパ・ルディに頭を下げて“白い悪魔たち”の下で改めて修行を積む。村祭りでの散々なワイヤー・ウォークデビューに続き、ノートルダム寺院の二つの塔の間にワイヤーを架けたウォークを敢行。パリっ子たちの喝采を浴びた直後に逮捕されるが、ワールド・トレード・センターの入居開始を知り、ついにニューヨークへ。110階にも及ぶ実物のツインタワーを目にして、新たな戦いを決意する。建築作業員や松葉杖のケガ人を装ってタワーに侵入し、警備員の巡回やトラックの搬入時間をチェック。タワー間の正確な距離を調べ、ワイヤーを通す方法を模索。仲間と共に準備を進めてゆく。決行の日を1974年8月6日朝6時に定め、ジャン=フィリップ(ジェームズ・バッジ・デール)ら新たな共犯者を得て準備は整った。そして決行前夜、搬入作業員を装ったフィリップたちは、ワールド・トレード・センターの屋上へ向かう。だが、その行く手には、様々なトラブルが待ち受けていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ザ・ウォーク」

「ザ・ウォーク」:インタビュー ロバート・ゼメキス「監督」 このスリルと興奮は、映画でなければ再現不可能だと思った

「ザ・ウォーク」:作品評 ロバート・ゼメキス、虚実を綱渡りする男