男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あの日のように抱きしめて

  • あのひのようにだきしめて
  • FØNIKS
  • PHOENIX

amazon


  • 平均評点

    69.2点(186人)

  • 観たひと

    247

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2014
公開年月日 2015/8/15
上映時間 98分
製作会社 Schramm Film Koerner & Weber, Bayerischer Rundfunk (BR), Westdeutscher Rundfunk (WDR)
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

予告編


     

解説

「東ベルリンから来た女」のクリスティアン・ペッツォルト監督と出演者のニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルトの3人が再び顔を合わせたドラマ。第二次世界大戦終戦後のドイツを舞台に、強制収容所から生還したユダヤ人女性と、彼女に気付かない夫の再会を通じて、2人の心の傷と夫婦の愛の行方を緊迫感たっぷりに描く。

あらすじ

1945年6月。第二次世界大戦でドイツが降伏した翌月。ユダヤ人の声楽家ネリー(ニーナ・ホス)は、親友レネ(ニーナ・クンツェンドルフ)に連れられて強制収容所からドイツへ戻る。前年の10月に収容所へ送られ、銃で顔をメチャクチャにされていたネリーは、手術を受けることになるが、“別の顔に”という医師の勧めを断って元の顔に戻す。一方、レネは、ネリーと一緒にパレスチナに移住して、ユダヤ人国家の建国を夢見ていた。やがて、顔の傷が回復したネリーは、生き別れた夫ジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)を探して過去を取り戻そうとするが、レネはそれに反対する。ジョニーがネリーを裏切ったと信じていたからだった。しばらくしてネリーは、米兵相手のクラブで清掃員として働いていたジョニーと再会。だが、妻が死んだと信じて疑わないジョニーは、目の前に現れた女性が妻であることに気付かず、“妻を演じてほしい。そして、妻の財産を山分けしよう”と持ちかける。自分に気付いてもらえないことを悲しみながらも、夫に対する愛からその言葉に従うネリー。やがて、自分が収容所に送られた原因が、夫の裏切りであることを裏付ける証言を得ながらも、何か事情があったのだろうと推測する。そして、レネが自殺。ネリーはジョニーと共にベルリンへ向かうが……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年11月上旬号

読者の映画評:「黒衣の刺客」/窪田健太郎 「あの日のように抱きしめて」/窪田健太郎 「ポプラの秋」/吉田俊輔

2015年9月下旬号

読む、映画:「あの日のように抱きしめて」

2015年9月上旬号

ランダムウォーク「キネ旬」的映画の歩き方:「あの日のように抱きしめて」歌う女が取り戻す声

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「あの日のように抱きしめて」

2015年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「あの日のように抱きしめて」