男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボギー!俺も男だ

  • ぼぎーおれもおとこだ
  • Play it Again, Sam
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.6点(62人)

  • 観たひと

    126

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973/8/18
上映時間 0分
製作会社 アブジャック・プロ作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

若手喜劇人の代表ウッディ・アレンのヒット舞台劇の映画化。ボガードの代表作「カサブランカ」のパロディーで、原題のPlay it Again Samは、ボガードが昔の恋人バーグマンをなつかしんで、黒人のピアノ弾きサムに思い出の曲を頼む時のセリフから引用したもの。製作はアーサー・P・ジェイコブス、監督はハーバート・ロス、脚本はウッデイ・アレン、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はビリー・ゴールデンバーグ、編集はマリオン・ロスマンが各々担当。出演はウッディ・アレン、ダイアン・キートン、トニー・ロバーツ、ジェリー・レイシー、スーザン・アンスパック、ジェニファー・ソールト、ジョイ・バングなど。

あらすじ

ハンフリー・ボガードにとりつかれている映画批評家のアレン(ウディ・アレン)は、この日も名作「カサブランカ」を心ゆくまで楽しんでいた。映画が終わり誰もいなくなった客席で唯ひとりアランはポカンと口をあけて夢想にふけっている。すでに彼の妻ナンシー(スーザン・アンスパック)は、この日日の有り様に慰謝料までもかなぐりすてて彼のもとを去って行った。嘆きのアランを慰めてくれるのは「カサブランカ」の主人公ボガードだった。友人ディック(トニー・ロバーツ)とその女房リンダ(ダイアン・キートン)は彼のために女友達を紹介してくれるが、オドオドした不器用ぶりには誰とて進展しない。リンダはアランを優しく慰めるうちに次第に感情の高まりを覚えるようになる。しかも幻のボガードがここでも出没し、彼を扇動するから始末が悪い。“何といってもリンダは親友の女房なんだ”。アランは罪の意識に襲われてくる。次第にディックも、リンダとの結婚生活が壊れていくのを感じるようになるが、その張本人のアランを疑おうともしない。ディックはひとりやるせない気持ちで仕事のために空港へと向かう。突然リンダは自分が本当に必要としているのはディックであることに気づく。アランにしてみれは2人の間に立ちはだかることはできない。空港に向かうリンダに追いついたアランは、ディックと一緒に行くように勧める。彼のやさしさに、まだ気持ちのゆらぐリンダはうしろ髪をひかれる思いでディックと去って行く。残されたアランの肩にやさしくボガードが手をおく。「お前はもう俺がいなくてもやっていけるぜ」。名作「カサブランカ」のラスト・シーンと同じ、夜霧に包まれた空港で、アランはカッコよく消えて行くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1973年10月下旬号

映画批評:ボギー!俺も男だ

1973年9月上旬号

外国映画紹介:ボギー!俺も男だ

1973年7月下旬号

グラビア:ウッディ・アレン 「ボギー!俺も男だ」

巻頭対談 「ボギー!俺も男だ」とウッディ・アレンという男:中原弓彦×清水俊二

作品分析:ボギー!俺も男だ