男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

夏をゆく人々

  • なつをゆくひとびと
  • LE MERAVIGLIE
  • THE WONDERS
  • 平均評点

    71.3点(150人)

  • 観たひと

    196

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア スイス ドイツ
製作年 2014
公開年月日 2015/8/22
上映時間 111分
製作会社 Tempesta, Amka Films Productions, Rai Cinema
配給 ハーク
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2014 tempesta srl / AMKA Films Pro ductions / Pola Pandora GmbH / ZDF/ RSI Radiotelevisione svizzera SRG SSR idée Suisse

解説

イタリアのトスカーナ地方を舞台に、養蜂業を営む一家の長女の視点を通して、家族の絆と葛藤を描く。アリーチェ・ロルヴァケル監督は、長編劇映画2作目にして第67回(2014年)カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。主演のマリア・アレクサンドラ・ルングは、これまで演技経験ゼロながら、瑞々しい演技を披露している。

あらすじ

瑞々しい光を緑に放つイタリアのトスカーナ地方。人里離れた土地で、昔ながらの製法で養蜂園を営む一家があった。その四人姉妹の長女ジェルソミーナ(マリア・アレクサンドラ・ルング)は、気難しい父ウルフガング(サム・ルーウィック)の独自の教育と深い愛情を受けて育った。深奥なその地で、蜂と自然のリズムに囲まれて生活を営んできた一家だったが、ある夏の終わり、1人の少年を預かってテレビ番組『不思議の国』に出演したことから、その生活が湖面を揺るがすようにさざめいてゆく。それとともに、緩やかだった一家だけの森の生活に、少しずつ人の手が入りこんでゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年10月下旬号

読む、映画:「夏をゆく人々」

2015年9月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「夏をゆく人々」

2015年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「夏をゆく人々」

ランダムウォーク「キネ旬」的映画の歩き方:「夏をゆく人々」あたらしいイタリア映画