男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

BORUTO NARUTO THE MOVIE

  • ぼるとなるとざむーびー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.5点(158人)

  • 観たひと

    230

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル アニメーション / ドラマ
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015/8/7
上映時間 96分
製作会社 劇場版BORUTO製作委員会
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督山下宏幸 
脚本岸本斉史 
原作岸本斉史 
製作総指揮岸本斉史 
キャラクター・デザイン岸本斉史 
西尾鉄也 
鈴木博文 
主題歌KANA-BOON:(「ダイバー」(Ki/oon Music Inc.))
脚本協力小太刀右京 

キャスト

出演(声)三瓶由布子 うずまきボルト
菊池こころ うちはサラダ
竹内順子 うずまきナルト
杉山紀彰 うちはサスケ
木島隆一 ミツキ
阿部敦 じん
小野賢章 奈良シカダイ
早見沙織 うずまきヒマワリ
浪川大輔 モモシキ
安元洋貴 キンシキ

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

解説

岸本斉史の人気コミックを原作にしたアニメーション「NARUTO」シリーズ劇場版第11弾。“NARUTO新時代プロジェクト”の集大成として、岸本自身が製作総指揮・脚本・キャラクターデザインを務め、ナルトの息子ボルトの活躍を描く。声の出演は「宇宙兄弟#0」の三瓶由布子、「あなたをずっとあいしてる」の竹内順子。

あらすじ

長い戦争を経て高度成長を遂げた新時代。七代目火影・うずまきナルト(声:竹内順子)が統治する木ノ葉隠れの里を中心に、新たな忍を育てる“中忍選抜試験”が5つの里合同で開催されようとしていた。里の手練場で修業に明け暮れる3人一組の下忍たち。ナルトに憧れるサスケ(声:杉山紀彰)の娘サラダ(声:菊地こころ)。多くの謎を持つ超優秀なミツキ(声:木島隆一)。そして、豊かな才能を持つナルトの息子ボルト(声:三瓶由布子)。だがボルトは、多忙さから家族と過ごす時間もないナルトを、寂しさから忌み嫌い、“クソオヤジ”呼ばわりするようになっていた。そんなある夜、異空間での任務に当たっていたサスケが、危険が迫っていることを知らせにナルトの元を訪れる。“ナルト唯一のライバル”とサラダから聞いてサスケに憧れていたボルトは、父親の弱点を知ろうと弟子入りを志願。友の状況を悟ったサスケは、“ある条件”付きで師匠になることを約束する。ナルトに実力を見せつけるため、サラダやミツキと共に中忍選抜試験への出願を決意するボルト。知能勝負の一次試験、チームワーク勝負の二次試験と難関を次々に突破。三次試験の個人戦コロシアムでは、各里の長である五影が見守る中、ついにシカマルの息子であるシカダイ(声:小野賢章)と激突する。その時、空間が捻じ曲がるほどの大爆発が。禍々しい雰囲気を纏って現れたのは、モモシキ(声:浪川大輔)とキンシキ(声:安元洋貴)と名乗る二人組。彼らは、両手に宿した輪廻眼を操り、執拗にナルトの命を狙う。何もできずに立ちすくむボルトを守るサスケ。それを背にして立ち塞がったナルトは、モモシキが放った術とともに消えてしまう。ボルトに微笑みを残して……。父親が歩んできた道、そしてその想いを初めて知ったボルト。その小さな姿にかつてのナルトを見たサスケ、そして五影と共に、ボルトは強大な敵が待つ異空間へ決死の覚悟で挑む……!

関連するキネマ旬報の記事

2015年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「BORUTO NARUTO THE MOVIE」