男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ホリウッド・レビュー

  • ほりうっどれびゅー
  • Hollywood Revue of 1929
  • Hollywood Revue of 1929


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    0

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
公開年月日 未公開
上映時間 130分
製作会社 M・G・M映画
配給
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:2.00
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

発声映画創始以来最初の純粋なレビュー映画でメトロ・ゴールウィン・メイヤー社のスターが総出演している。即ちマリオン・デイヴィース嬢、ジョン・ギルバート氏、ノーマ・シアラー嬢、ウィリアム・ヘインズ氏、ジョーン・クローフォード嬢、バスター・キートン氏の6大スターをはじめ、ベシー・ラヴ嬢、チャールズ・キング氏、ライオネル・バリモア氏、アニタ・ペイジ嬢、マリー・ドレッスラー嬢、ガス・エドワード氏、ディーン及びアーサー、アルバーティナ・ラッシュ・バレー団、ナターシャ・ナットーヴァ一座が出演する。全2部に分けられ約20場面のレヴューが演ぜられる。

あらすじ

<第一>序曲。エム・ジー・エム舞踏合唱団。 <第二>『ミンストレル時代』。ガス・エドワーズ氏及びエム・ジー・エム・合唱団。ジューン・バーセル嬢『ロウ・ダウン・リヅム』独唱。 <第三>『あなたが好きになっちゃった』。ジョーン・クローフォード嬢。ビルモア・クァルテット団演奏。 <第四>『あなたの母さんと私の母さん』。チャールズ・キング氏。 <第五>『お前は私のためにある』。コラッド・ネーゲル氏及びアニタ・ペイジ嬢。 <第六>『お前に限る』。クリッフ・エドワーズ氏及びエム・ジー。エム合唱団。 <第六のA>『いたづら』。ウィリアム・ヘインズ氏。 <第七>『私にそんな事ができるとは思わなかった』。ベシー・ラヴ嬢及び男性合唱。 <第八>『私は女王様だから』。マリー・ドレッスラー嬢及びエム・ジー・エム合唱団。略筋 <第八のA>『魔術師』。ローレル及びバーディー。 <第九>『英国軍隊分列式』。マリオン・デヴィーズ嬢及び男性合唱団。 <第十>『楽隊鳴らせ』。ブロックス姉妹及びエム・ジー・エム合唱団。 <第十一>『宝石の活人書』。 <第十二>『海の踊り』。パスター・キートン氏。 <第十三>『気をつけないとロン・チャニーに捕まるぞ』。ガス・エドワーズ氏、エム・ジー・エム合唱団。 <第十四>『アダヂオ』。ナターシャ・ナットーヴァ嬢。 <第十五>『新旧ロメオとジュリエット』。ジョン・ギルバート氏、ノーマ・シアラー嬢及びライオネル・バリモア氏。 <第十六>『雨中の歌』。クリッフ・エドワーズ氏、ブロックス姉妹、ラウンダーズ団及びエム・ジー・エム合唱団。 <第十七>『新奇な喜劇』と『或る日公園を散歩して』。チャールズ・キング氏、クリッフ・エドワーズ氏、ガス・エドワーズ氏、ベシー・ラヴ嬢。 <第十八>終曲『オレンヂの花咲く頃』。チャールズ・キング氏、エム・ジー・エム合唱団及びアルバーティナ・ラッシュ・バレー団。

関連するキネマ旬報の記事