男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

妻への家路

  • つまへのいえじ
  • 帰来
  • COMING HOME
  • 平均評点

    75.7点(266人)

  • 観たひと

    352

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    72

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 中国
製作年 2014
公開年月日 2015/3/6
上映時間 110分
製作会社 Le Vision Pictures, LeVision Pictures
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演コン・リー Feng Wanuy
チェン・ダオミン Lu Yanshi
チャン・ホエウェン Dan Dan
チェン・シャオイー コン・スーチン
リウ・ペイチー Liu
イエン・ニー リ主任
ズー・フォン チョン指導員

(C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

解説

中国の文化大革命終結後、心労が原因で20年ぶりに再会した夫の記憶を失った妻と、彼女に寄り添いながら失われた記憶を取り戻させようとする夫の愛情を描いたドラマ。名コンビとして知られたチャン・イーモウ監督と主演のコン・リーは、「王妃の紋章」以来、8年ぶりの顔合わせ。共演は「唐山大地震」のチェン・ダオミン。

あらすじ

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放されたルー・イエンシー(チェン・ダオミン)は妻のフォン・ワンイー(コン・リー)と再会するが、待つ時間が長すぎたワンイーは心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。イエンシーは他人として向かいの家に住み、娘のタンタン(チャン・ホエウェン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。収容所で書き溜めた何百通ものワンイーへの手紙をくる日も読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えに行く彼女に寄り添う。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続けるワンイー。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのだろうか……?

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 読者選出外国映画ベスト・テン

2015年4月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「妻への家路」

2015年3月下旬映画業界決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「妻への家路」